2008年10月27日

いとう:いまり(恵比寿)

>この店、もともと大阪新世界の老舗洋食屋「グリル梵」が大阪の
>堂島に出しているビーフヘレカツサンド専門店の銀座店。

さすがさとなおさん、大阪ネタは早い! それにしてもビフカツサンドが東京(しかも銀座)に参入とは思い切ったなあ(と、牛肉文化の西出身者としては思ってしまいます)。

ビフカツサンドって、もうどれぐらい食べてないだろう(ビフカツは先日「カウベル」で食べましたが 笑)。ぜひ今日の昼でも行ってみたい! でも、いいお値段ですね。大阪も同じ価格でしたか?

ではぼくも、西から来た東の店を。
恵比寿にあるお好み焼の「いまり」です。

ここの店主は兵庫県出身。ご実家でおばあさんが同名のお好み焼店を営んでおり、お好み焼等のレシピは実家のものとほとんど同じでソース等もそちらから分けてもらっているとのこと。関西人のぼくからすると、どうしても東京のお好み焼はユルい感じなんですが、「いまり」は適度な凝縮感とジャンクならではの味の濃さもあって安心します。もちろん神戸ローカル食「そばめし」も食べられます。

ただ、店舗が小さいからか(「焼き」もひとりでされているので)お好み焼自体は小ぶりかなあ。その辺は恵比寿の客を意識しているのかもしれませんね。西であんなに小ぶりだと文句が出そうです(笑)。また、小さなツマミや鉄板焼系のメニューもバランスよく揃っており、それも恵比寿ならでは。

そしてこれまた恵比寿らしいのが、店主は長身でかなりのイケメン。そのうち女性客ばかりに席を独占されそうな勢いです。聞けば、やはり役者系を目指して上京したものの、心機一転で実家の稼業であったお好み焼店を東京でやろう、と思い立ちました。

それと店主が西にいたころ、(さとなおさんはご存知かなあ)三宮の高架下にある神戸きってのアメリカ系セレクトショップ「タイガース・ブラザーズ」でバイトをしていたとのこと。ぼくもン10年前ですが、大学時代よく通っており思い出話がさまざまに展開しました。

ココは、恵比寿駅から少し歩くので(蟻月やトシヨロイヅカの近く)満席だとつぶしが利かずチトつらいかな。ただ、モダンなこぢんまり感や店主との距離感が快適で通ってしまいそうです。

それと、最後にお好み焼について個人的な意見をひとこと。
お好み焼って、ミックスだのデラックスだのとさまざまな食材を混ぜ合わせた高額メニューを安易に頼んでしまいがちですが、あれは客単価を上げたい店側の戦略であって、結局いろいろな食材から出たダシがまざっておいしくないと思うんですね。

なので、豚玉とかイカ玉とか、単品+玉子の注文をオススメします。
posted by 伊藤章良 at 11:52| 大衆食堂・定食・丼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

いとう:マックちゃん(麻布十番)

>「Sakaguchi」は知りませんでした。「LOVE PACK」も知らないかも。まぁ大阪のバー事情は奥深いですからね。

そうですね。いずれの店でもさとなおさんと同じ会社の方とはお目にかかったことがないなあ。機会があれば、ぜひお連れします。もう一軒、「LOVE PACK」卒業生の店で鰻谷にある「バタースコッチ」にも時々行っています。

>なんで大阪で飲むとあんなに楽しいのでしょう。東京には格好いいバーはいっぱいあるけど、ああいう肩の力の抜けたぶっちゃけ感がなかなかないなぁ。

東京出身のさとなおさんにそう言っていただけると、自分の受け止め方も、あながち外れていないと安心します。

>この対談ブログで「カレー屋nagafuchi」について書いたのは去年の8月。アイスカレーについてでした。

食べに行きましたよ。アイスカレーも、もちろん普通のカレーも。ただ、お亡くなりになったのは存じませんでした。
でも、新しい方がレシピを受け継いで続けていく。いいお話ですね。食も文化だなあと改めて感じます。さっそくのぞいてみたくなりました。

今回はカレー同様、日本人(特に関西人)の国民食。お好み焼「マックちゃん」
ここはかなりレア、というか麻布十番にあって驚くべき庶民的な店。

サインは麻布十番商店街に面して出ているんですが、小さな看板が出ているだけで相当分かりにくい。加えて狭い路地をつかつかと進んだ奥に入口があり、少々くたびれた(場末感漂う)和食店へのアプローチの趣。知らなければ入りづらいです。
ところが一歩店に入ると、おかみさんが一人、鉄板の前で奮闘する小さな小さなお好み焼店です。先日久しぶり行ったのですが、改装されたようで、奥にテーブル席ができていました。

いわゆる広島のお好み焼と焼きそばがメイン(けっこう高いステーキもあって、以前一度だけ注文したこともがあります 笑)。ビール・チューハイ等も、客が勝手に冷蔵庫から出して(コップも同じ冷蔵庫で冷やされているところがニクイ)勝手に飲みます。

最近はモダンな内装でデート系のお好み焼店が勢いを伸ばしていますが、やっぱりお好み焼屋はこうでなくっちゃ、という、ワイガヤと鉄板のはしける音が交錯する下町の情緒にあふれています。

「マックちゃん」というモダンな店名は、おかみさんの息子の愛称だそう。海外留学中と以前聞きましたが、先日うかがったときメニューにすべて英語が付け加えられていたので、息子さんが戻ってきたのかもしれません。
posted by 伊藤章良 at 12:38| 大衆食堂・定食・丼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

いとう:天きん(新宿)

ぼくが現在独身なのは、秘密だったんですけどねえ・・・(笑)。

新梅田食道街の「やっこ(たぶん今は「奴」かな)」知ってますよ。あの店は、朝昼やっている人と夜やっている人が異なる、飲食店オペレーションとしては画期的な二毛作店(確かではないですけど)だと聞いたことがあります。ぼく親戚のおばちゃんが、夜スナックを営んでいるような都心の店舗を朝昼だけ借りて「奴」のみたいな一膳飯屋をやりたいんや、と言ってた記憶があるのです。

というか朝飯は、時間がないところにササッと入ってササッと食べる感じなので、一番には交通至便な場所が必須ですよね(もちろん美味しいことが一番ですけど)。そんな意味で「新梅田食道街」は極めてベストなロケーション。加えて、ああいったかやくご飯(炊き込みご飯)や、だし巻き玉子・オシタシのようなおかずは、西高東低と思うなあ。

東京でもずっと探しているんですが、新宿や澁谷のような大きなターミナルでは到底見つけることはできません。結局、立ち食いそばや「松屋」のハムエッグ定食になってしまうのですよ。残念ながら。

で、唯一推薦できるのは、新梅田食道街と同じく立地のよさを利用し、天ぷら店が朝食を出している店が新宿の小田急エース内にあります。そこが「天きん」。新宿の待合せメッカ西口交番のすぐ裏なのでとても分かりやすいです。冷奴とシラスおろし、海苔、漬物(少量)、味噌汁、ご飯で470円。他に、納豆・玉子・キムチや、もう少し金額をアップすると、焼き魚・ネギトロなども用意されています。

毎日というわけではないけど、たまに(特に二日酔いの朝などは)ふらっと入ります。ただ最近は、事務所に入ってしまうとタバコがすえないので、出社前の一服場所となりつつあり、それが唯一残念。

でも、残念ながらこの店に、夜天ぷらを食べに行こう、とは思わないんですけど。
posted by 伊藤章良 at 17:49| 大衆食堂・定食・丼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

いとう:ぼった屋さん(恵比寿)

パリの三ツ星はイマイチ。うーん、値段からすると確かに費用対効果ひじょーに悪いですね。
しかも日本人も確かに多い。「アルページュ」では伊藤という名前での予約が二件あるがダブルカウントではないかと、わざわざ店からホテルに電話がかかってくる始末でした。

「ルドワイヤン」でも金持ちそうなインテリ風男性と若い女性の日本人カップルがいました。そのカップルのネタを少し。「ルドワイヤン」では食前酒にシャンパンを頼むと、ワインクーラーで冷やしたもの8種類をワゴンで運んできて、一本ずつ銘柄やビンテージなど、優雅に説明するんですね。ぼくは高そうなビンテージものは避けて、唯一のノンビンテージだった(しかもまだ口が開いていなかった)ランソンを頼みました。
三ツ星だと、ある程度ちゃんとしたワインの知識もないと、こんなときに困るんだなあ・・・と少し心細くなったのです。

くだんの日本人カップルにも食前酒を聞きにいき、シャンパンと答えたので同じようにワゴンを運んで説明します。ところが、選ぶ段になってインテリ氏は「シャルドネ」と言ったんです。まあこのうち一本はシャルドネだろう、みたいな感じで。

ふと、ソムリエはどう対応するだろうと気になりました。ところがソムリエは優雅にうなずき、男性に恥をかかせないようシャンパンのワゴンをサッと引っ込めて、若いスタッフに改めて今度は白ワインばかりが入ったワゴンを持ってこさせました。かっこよかったなあ。

実は明日もフレンチなんですが、日本にもまたいいフレンチレストランができ始めたような気がします。不惑(だったよね)の40男同士、ぜひ行きましょう。

ところで本日はお好み焼。
この「ぼった屋さん」なる、少々人をくったような店名のお好み焼店は、恵比寿駅から少し外れた場所ながら、「ロコブルー」「にんにくや」「魚のほね」「草なぎ」「tr」など、飲食店が集まっている面白いエリアにあります。

ここは以前グローバルダイニング系から独立した、なんちゃってモンスーンカフェのような店だったのですが、内装や壁の絵、かかっている音楽までトロピカルそのままで、突然テーブルだけが鉄板に代わり、お好み焼店になりました。

「ぼった屋さん」、お好み焼もなかなか美味しいのですが(価格的には恵比寿かなあ・・・と思ってしまうけど)、興味深いのは、恵比寿のこんな場所にありながら家族でやっておられるんですね。お父さん、お母さん、息子、息子の嫁、泣き叫ぶ赤子・・・と、お好み焼以外の店なら逆に「恵比寿なのに、なんでや」と思う環境ではあるのですが、「お好み焼」だけに、いかにも大阪の地元にあるようなほんわかとした雰囲気なのです。

入った当初相当ミスマッチの壁の絵や音楽も、孫をあやしながら厨房で働くお父さん・お母さん、鉄板と鉄板を走り回る息子夫婦を見ていると、なんだかなごんで長居をしてしまいました。
posted by 伊藤章良 at 21:02| 大衆食堂・定食・丼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

いとう:寿(中目黒)

>どこの店に行ってもボクは量的に満足したことなかったです。「食事というからにはまず客を満腹にさせるべし!」とか憤慨してましたもん。

わかるなあ。私も全く同感です。だいたい量が少ないと美味しいか不味いか判断する前に全部なくなってしまいますから(笑)。魂のワンスプーンなんて番組がありましたが、あんなスプーン一杯でどーしてウマイマズイを決めるんや、と、憤慨していたら、すぐに終わってしまいました。

先日「レストランひらまつ」にフランスの三ツ星シェフが来てフェアーをやったとき、試作で作った料理を見て平松シェフは「コレは少なすぎるよ」と言ったそうです。すると三ツ星シェフは、「いやー、フランスの店に来る日本人はみんな残していくから・・・」と日本人向けに量を調整していたらしいのですが、平松さんは「大丈夫。逆にうちのディナーに来る客はこんな少ないと納得しないよ」と言ってくださったとか。

銀座「唐井筒」のカレイ、すごかったです。カウンターに座って板さんがカレイをさばいているのを見て、あの大きな身は何人前なんだろとぼんやり考えいたら、そのままドンと出てきました。

さて、さとなおさんが以前さなメモに書いていて、個人的にも教えてもらった「ナンシー関」ゆかりの店「ビッグマム」@中目黒。行ってみたいなあと思い数ヶ月、つい先日、やっと店の前までたどり着きました。ただ、ぼくの頭の中には、ナンシー関ばりのビッグマムと焼肉、としてしかインプットされておらず、すっかり焼肉店と思いきや、表に出ている今日のおすすめには、どやどやと刺身類ばかりが書かれています。

また、ガラス張りの店内で外からよく見えるのですが、どなたも七輪で焼肉を食べていなくて、まして見えるのは焼酎の一升瓶ばかり。しかも看板のビッグマムらしき女性も見当たらず・・・。いゃー名前だけは同じで業態変えたのかもね。と、意気込んできたのに、すっかりしぼんでしまいました。

そこで選んだのが、すぐその前にあるお好み焼の店「寿」
前はよく通るので、「寿」の派手な門構えは記憶に残ってていて、なんとなく美味しそうな匂いも感じており、一度訪問してみたかったのです。

店内はお好み焼店にしては広く、ちょっと雑然としてくたびれた感じですが、客の入りもそこそこ。ここまで大きな店舗を客単価の安いお好み焼でまかなうわけで、必然的にサービススタッフのレベルが低かったり、おしぼりが臭ったりとソフト面ではかなりしんどい様子。

鉄板焼をつまみつつお好み焼が焼きあがるのを待つスタイルは、最近流行の店と同様。ここのお好み焼は、「とろろ(山芋)焼」「たらし焼」「昔焼」の三種類があるようなので、それぞれから一品ずつをオーダー。ただこの三種とも意外とおいしかったです。三種ともお好み焼自体が薄めで、最近の傾向である厚めに作って中を蒸らすタイプとは逆。

ただ、薄いのは小麦粉の占める割合を少なくして野菜を多く入れているからで、その旨みを逃さないように取り込んでジューシーに仕上げています。「とろろ焼」は、さすがにもう少し蒸らしてほしかったですけど。
posted by 伊藤章良 at 15:29| 大衆食堂・定食・丼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする