2016年08月31日

さとなお:天春(四谷三丁目)

「よろにく」は(いま見てみたら)2009年にボクもここで書いてますね。
やはりいい店は時代の流れ、たとえば肉なら「サシから赤身、新鮮から熟成」という流れを掴んできちんと進化していっているんですね。オフィスからも近いし、今度久しぶりに行ってみたいと思います(予約とれないらしいですが)。

時代の流れという意味では、「油」が悪者だった(カラダに悪いと思われていた)時代がずぅっと長かったですが、最近では「油はカラダに悪くない」という実験結果などがアメリカから広まり、油を使った料理が再注目されている気がします。

たとえばとんかつとか天ぷらとかの揚げ物も、以前の「おいしいけどカラダにちょっとねえ」という偏見が消え、中年のボクたちにも敷居が低くなった感じがしませんか?(少なくともボクはすごくよく行くようになりましたw)

最近頻繁に伺っているのが、四谷三丁目の「天春」

毎週木曜日に近くで仕事があることもあり、木曜のランチに行くことがとても多いです(以前ならランチに揚げ物とか意識的に避けていました)。

ここ、基本の天ぷらがおいしいのはもちろんなんだけど、名物「しじみ汁」(700円)が魅力で、水曜夜に深酒した日なんかはこのしじみ汁のために四谷三丁目に向かうくらいですw

ま、しじみを具にした赤だしなんだけど、名物というくらいですから強烈な個性があります。なにしろしじみが多い。三度ほど数えましたが、だいたい200〜230個くらいしじみが入ってます。ひとつひとつほじって食べてると箸を持つ指がつりますw そのくらいの量。だからしじみ汁だけでかなり時間がかかるわけです。

で、天丼(ランチは1200円)も実においしいので、ここからが難問になります。
しじみ200個超を攻略していると、天丼が冷める。
天丼を熱々のうちに掻き込んでると、しじみ汁だけ残ってしまう。
ううむ・・・

ボクの中の解としては、
・熱々のうちに海老をおかずにごはんを掻き込む。
・しじみにとりかかり、1/2くらいしじみを食べる。
・赤だしで残った天丼(かき揚げとごはん)を食べる。
・最後に1/2くらいのしじみを味わう
ですかね・・・
まぁ毎回迷うのですがw

カウンターで食べていると、夜の仕込みをしているご主人の手元をずっと見ながら食べられます。惚れ惚れするような手さばきと丁寧さです。そして、いまはなき「楽亭」のご主人にもなんとなく似ていて・・・つまりは、夜もかなりおいしい、ということですね。

内装も昭和の天ぷら屋さんぽくて好ましいし、おばちゃんたちの接客も昭和っぽくて好き。四ッ谷近辺だと荒木町に行ってしまうことが多いのですが、常に「天春」は候補に入れる感じです。

posted by さとなお at 21:39| 天ぷら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

いとう:天健(浅草)

>「ロマンティコ」、行きました。
いいですねぇ、あの店。気に入っちゃいました。また行こうと思います。二軒目が近いのもイイ(笑)。

そうですよね。シェフの距離感がとても心地いいし、シェフの人柄そのままといったオーソドックスで堅実な料理も魅力。食を愛する大人の空間です。

>最近伊藤さんが紹介してくれた中では他に「コッレツォーネ」「リストランテ・バルカ」に行きました。「コッレツォーネ」は少し合わなかったかな。「リストランテ・バルカ」は実に良かったです。深夜にああいう店が選択肢としてあるのは素晴らしいですね。

「コッレツォーネ」は、自分が食べたときの料理と昨今で、かなり変わってきてきたように(縮小傾向へ)聞きました。しり上がりなコースだっただけに残念です。

さとなおさんの大ネタに対して、相変わらず関連性のない店で失礼します。浅草の天ぷら店「天健(てんたけ)」

浅草には「大黒家」(未訪)とか、観光客相手の有名店も多数あるようですが、こちらを教えていただいて以来、浅草に来たら必ず行く、というか最近では「天健」のかき揚げが食べたくて浅草まで出かけることもあるぐらいです。

先日も大阪から母と叔母が上京したので、迷わずランチにココへ連れて行きました。ホテルの朝食がバイキングで「食べ過ぎた。まだ食欲ないわ」という二人が、巨大なかき揚げ定食をペロっと食べるぐらいのおいしさ。

実は、ここではかき揚げしか食べたことがないんですが、巨大で具沢山なのに、カリッとして、そしてなんといっても「軽い」んです。また、都心の高級店とも関西とも違う、真の東京下町の味を感じます。また高級店ではほとんど塩でしか食べることがない代わりに、ここでは甘めのツユをたっぷりつけてバクバクいけるのも幸せ。当たり前ですがご飯もとてもおいしく炊き上げられています。

箸休めのおしんこや貝柱の酢の物もすばらしく、天ぷらのそしてお酒の友として最高です。
posted by 伊藤章良 at 23:45| 天ぷら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

いとう:からさわ(西麻布)

さとなおさん、もう具合は随分いいのでしょうか。
プールが感染源というのはやはり怖いですね。水の方が空気よりも感染力は強いだろうし。ぼくも、あまり何もケアを心掛けずプールに通っているけど、まあ、さとなおさんよりはほどほどですから(笑)。

>やっぱりここは揚げ物系定食屋の横綱だと思います。
>あの美味さ。あの丁寧さ。あの親密さ。あの清潔さ。どこを取っても「いい店だなぁ」とため息が出ちゃいますね。

やはり「三河屋」ですか。
ここは、ぼくが東京に出てきてすぐのころから、行ってみたい店も一つでした。
基本的には、焼きは東京、揚げは大阪みたいなところはあるんですが、やはり東は豚肉の食文化なので、とんかつに代表されるカツ類は旨い店が多いですね。

東京に出てきてすぐの頃、西麻布ってとても交通の便の悪いところなのに(それは今でもなんですが)、そして、最先端の街にもかかわらず、この「三河屋」は、どうしてこんなに並んでいるんだろうと、東京の人は並ぶのが好きなんだなあ・・・(それは今でも思いますが)と、嘆息しました。

でも、意を決してその列に加わり食べてみると、本当に美味しかった。そして楽しかった(東京っぽいというか)ことをよく覚えています。

今日は、揚物、そして西麻布ということで、天ぷら「からさわ」
ここは少し前にさとなおさんと行った店ですけど、流れでぼくが先に書いてしまいます。

西麻布交差点からも少し距離があり、しかも裏通り。回りには全く店もない一角。入口からかなり隠れ家風な渋さですが、入店すると店内は明るく、レイアウトや店舗デザインも、奇をてらったところがない、かなりの自然体。西麻布のヘソにある隠れ家的雰囲気は入口までです。

というのも、ご主人はすでにかなりのキャリアの持ち主で、若い人がどんどん独立して店舗を持つ昨今には珍しい満を辞してのスタート。それだけに、店全体が落着いて浮き足立ったところがなく、すっと溶け込めます。

ところで、久しぶりのさとなおさんとの話、そしてご主人や北海道出身の店の見習スタッフさんを交えた札幌談義に花が咲き、天ぷらをじっくりいただいた、という記憶が薄れてしまっているんです。さとなおさんはどうでしたか。
ただ、鮎や貝の天ぷらなど、瞠目の個性メニューもあり、ご主人の懐の深さがうかがえました。

そんなくつろぎも、「からさわ」の特徴と言えるのかもしれませんが。
posted by 伊藤章良 at 23:46| 天ぷら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

さとなお:食通ゆたか(羽田)

ラーメンはいろんな解釈ができる奥深い食べ物、ということでいいと思いますよ、個人的には。
で、ボク個人としては、「ホッとできる部分があること」が大事かなぁ、と。それだけです。別にラーメン界に何か物申したいわけではありません(笑)

さて、この前行った羽田の天麩羅屋の記録を残しておこうと思います。羽田近辺で遊ぶならオススメだから。

「食通ゆたか」という店なんですが、「食通」という名前にちょっと引くけど、入店するととてもきさくでくつろいだ雰囲気が漂っていて安心できます。
多摩川河口で捕れるボサ海老のかき揚げ(でかい!)や、7月中旬から10月にかけて捕れるギンポ(銀宝)の天麩羅、9月末から3月までのハゼの天麩羅、そして穴子の白焼きから天麩羅まで、すべて羽田沖の地の魚。

古くは羽田浦と呼ばれたこの辺は、多摩川と東京湾の水が混ざりあって良いプランクトンが発生するから魚がおいしいと言われている場所。いわゆるホントの「江戸前」ですよね。特に穴子が有名で、高級鮨屋など羽田の穴子しか使わない店もある。そんな地の魚を羽田で楽しむならなかなかオススメです。

季節の魚に確実にありつくには電話して聞くのが一番。ボクはギンポ目当てで行ったのだけど、ギンポはなく、変わりに出たてのハゼがありました。ギンポは埋め立てが進んでほとんど捕れなくなったらしいです。
出始めのハゼ天は、大きめで、香りがプーンと脳天まで駆け上るうまさ。いやーうまかったな。揚げ方は洗練というよりは実直な揚げ方なのだけど、これはこれで地元っぽくていい感じ。

羽田もたまに足を伸ばすにはいい場所です。もう少し研究する価値がありそうです。
posted by さとなお at 19:06| 天ぷら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする