2008年05月10日

さとなお:Momofuku Ssam Bar(ニューヨーク)

荒木町界隈、いいですよね。
最近では「よねやま」「酒音」、そして移転して初めての「八平」に行きました。
「八平」は相変わらずとても美味しかったけど、ご主人あんなに怖い人だったっけ、というのが感想。弟子やサービス人を怒るわ怒鳴るわ睨みつけるわで、カウンター席で落ち着かなかったです。

ええと、ニューヨークに一週間ほど行っていて、間がひどく空いてしまいました。すいません。
実質6日でミュージカルを9本観る旅を敢行したのですが、おかげでレストランはアフターシアター(つまり22時や23時から食べられる店)しか開拓できませんでした。でも、探すと意外とあるのですね。今回もアタリがいくつかありました。

今日はその中から「Momofuku Ssam Bar」を。
モモフク・ッサム・バー。

Momofuku、というのは日本語ですね。どうやら日清食品の故・安藤百福会長の名前からネーミングした店のようです。インスタントラーメンの祖である彼をリスペクトした店名。当然日本人がやっているのかと思いきや、シェフは韓国系2世のデビッド・チャン氏。彼はニューヨークの料理学校で基礎を学んだ後、東京のパークハイアットで修行をして麺作りを習い、まず「Momofuku Noodle」という店をイースト・ヴィレッジの近くに始めたんですね。
その後この店「Momofuku Ssam Bar」を開き、レストラン評論では一番権威あるNew York Timesの「2007年ベスト・ニュー・レストラン」に選ばれたそうです。もうひとつ開いている「Momofuku ko」も、数日前(5/7付け)のニューヨークタイムスで三つ星を獲りました。

ちなみにその「Momofuku ko」の店名の「ko」とは「son of」という意味だそうで、つまり日本語の「子」です。「百福の子」。ううむ、ここまでリスペクトしてくれるのはうれしいけど、ちょっと悔しい気もする(笑)

ちなみのちなみに、エルヴィス・コステロの最新CD(これも数日前の5/6にUSで発売)の題名が「Momofuku」です。

アマゾンの商品の説明を読むと「Well, obviously the title is a tribute to Momofuku Ando, the inventor of the Cup Noodle. Like so many things in this world of wonders, all we had to do to make this record was add water.」だって(笑)
続けてこの店にも言及されてます。
「Now, I understand that there is also a fancy eatery in New York City that has made the same connection with Ando-San. So, just in case anybody is inclined to mistake our record for something edible, we've added a disclaimer to the record jacket. I like saying, "record jacket" again.」ですと。

で、ジャケットを見るとこう書いてあるらしい。「レストラン・モモフクとは関係ありませんが、そこの料理はお勧め」


話が猛烈にズレました。
「Momofuku Ssam Bar」ですね。店名の「Ssam」とは「ッサム」、韓国語の「包む」という意味です。
最近、韓国料理でポッサム(bo ssam:ボッサムと書くけどポッサムと発音するのが近いよう。茹で豚肉やキムチや野菜を巻いて食べる料理)が人気になってきていて、専門店まで出来ている勢いですが、そのポッサムの「ッサム」ですね。サムというとサムギョッサルを思い浮かべるけど、あれは「sam gyop sal」でスペルが違うし料理としても違います。

料理はフュージョン。Korean-Americanかな。
韓国料理をアメリカ風にアレンジしたもの。日本料理の影響も少しあると思う。○○風茶碗蒸しとかもメニューにあったから。

んでもって、ここの名物が「bo Ssam」(この料理は予約制なので注意!)。
そう、ポッサムです。でもここのポッサムは少し特別。説明を読むと「whole butt, dozen oysters, kimchi, rice, bibb lettuce」と書いてあって、つまり豚のお尻肉と生牡蠣とキムチとご飯をレタスで包んで食べる料理なんだけど、これ、うまかった!

何が特別かというと、まず、豚のお尻がですね、超巨大。
お尻半分くらいの量が来ます。大きさで言ったらアメフトのボールくらい。いやラグビーボールくらいあるかな。
これを1時間以上かけて丁寧にローストしてあり、まぁ量のインパクトもすごいけど、味もとても良いっすね。意外と脂っぽくなくて、肉の旨みが凝縮された美味。

で、レタス(あっちでポピュラーなBibb Lettuce。チシャとはまた違うみたい)で包むんだけど、この豚の尻肉にですよ、生牡蠣を一緒に包むんです(!)。ヤンニョムやキムチやご飯と一緒に。
これがねー、ボク的にはいままで味わったことがない美味。茹で豚と生牡蠣、合います。まぁヤンニョムなんかと一緒にするから、というのもあるけど、これは新しい発見でした。

ただ、量がハンパじゃないので、日本人なら10人くらいで行った方がいいですね。値段もこの一品で200ドル(!)します(他の一品は普通の値付け)。
あと、しばらく食べてるとどうしても飽きます(笑)。これは味ではなく量の問題。半分くらい食べてあとはお持ち帰りさせてもらうのがいいかも。そういう意味では、現地在住の人を大勢誘って行くのが正解な料理かもしれません。少人数の旅人だけではこの料理は無理かもなぁ…。

他の料理は野菜を多用したヘルシーな韓国系フュージョン。
ワインもそこそこ揃っています。オシャレな外観で、韓国や日本の店っぽい雰囲気はないです。薄暗くてガンガンにロックがかかっている感じの店。会話するには少々うるさいかな。

この店、予約を取らないらしく、人気なので行列ができるらしいのですが、この予約制である「Bo Ssam」を予約するとテーブル予約ができるという裏技があるそうです。ただし前述したように大人数(最低でも6人以上)じゃないと食べきれないので注意が必要ですね。でも、機会があったら絶対のオススメです。

夜は23時までオーダー可能。2nd Ave.と13th St.の角にあります。


posted by さとなお at 11:38| 海外のうまい店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。