2005年09月28日

いとう:松波(浅草)

いやー、月曜日はかなり飲んでしまいました。ただ、お酒をセープしているさとなおさんは初めて見たなあ(笑)。

「霞町嵐」のマスターが、大崎さんを大崎さんと知らず、果敢にラーメンの話をするところがヒヤヒヤで面白かったです。マスターは、ぼくらが帰った後、大崎さんとは「ラーメン屋さんのチェーン店展開がらみで元親分が弟子を拉致したとかいう事件が以前あって、あのときワイドショーでラーメン業界の構図を語っておられた人」と教えられたそう。マスターも「この人、真面目な顔してすごいこといってる」と覚えてたようで、後で大納得。

あの日の帰りに、大崎さんらしい逸話を語っておられたので再現。
あるラーメン好きの人「うち会社の近くに二郎というラーメン店があるんですが、ご存知ですか」
大崎さん「どこの二郎ですか(二郎って25店もあるんだけどなあ・・・)」
ラ好き「ああ、やはりご存じないんだ。あそこはね・・・(と続く)」


昨日書いておられた「ボン・ヌフ」は前をよく通るのですが、そんな郷愁をそそるメニューがあるんですね。昼にあの界隈に行くので今度のぞいてみます。ぼくもあのケチャップのナポリタンが意外と好きで、ナポリでもその原型「トマトとバジルのスパゲティ」を食べたのですが、日本のナポリタンも負けてなかったです(笑)。
あっ、それと「TITLE」でさとなおさんの石垣牛の話読みましたよ。しかしあんなに牛肉ばかり食べてたんですねえ。読んでるだけでおなか一杯です。

さて、明日からまたしばらく海外ということもあって、久しぶりに浅草の「松波」に行ってきました。いやーうまかったなあ。口に運ぶたびに絶句してました。さとなおさんが以前書いていたアルデンテのシャリ。ズバリ的確な表現ですねえ。「松波」のシャリは、表面は柔らかく噛み込むほどに腰があって最後まで鮨タネと絡んで離れない。親方がタネとのバランスを考えてこの固さにしたと言っておられるごとく(シャリが柔らかいと「握り」が「おにぎり」になってしまいますからとの冗談も)、これほどまでの高い完成度を口の中で感じることは本当に稀なこと。

また厳選された鮨タネも、仕事をしてあるのかどうか注意しないと分からない程度の微妙な味わいや香りがあって、それを探しつつ食べ進めるほどにぐんぐん深みに入っていく、というかタネ一つにも、どこまでも続く奥行きがある、みたいに感じました。柑橘類や塩を使わないのも魚本来の甘さや香りを損なわないため、だそう。反対に酢味噌、梅干し、大根などを使って、日本料理の中に伝統的にある魚とそういった調味料との相性も鮨の中で追究しているそうです。浅草の外れで遠いし相当高いですが、季節ごとには訪れたい名店ですね。

で、その後銀座に流れ「Y&M Bar」に。御大毛利さんが登場したところで彼のオリジナルカクテル「ジャマイカン・マティーニ」を注文。毛利さん曰く「ジャマイカン・マティーニは、ラムとシェリーを使うんだけど、HavanaClubのラムとドンゾイロのドライシェリーじゃないとこの味はでないんだよね。いろいろと他の酒でも試してみたけど、この二つのようにはうまく絡まないんだよ」

くしくも「生魚でも、やっぱりサバには味噌、ブリには大根が合うんですよ」と語っておられた「松波」の親方と毛利さんのその言葉がぼくの中で響きあい、一晩でこんなすごい二人から、食べる・飲むすばらしさを享受していただくことができた、最高に幸福な夜となりました。

さてさて、明日からまた2週間ほどジュネーブ、ミラノ、パリに出張します。せっかく対談の雰囲気が盛り上がってきたところなのにすみませんが、しばらくお休みします。
posted by 伊藤章良 at 18:13| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする