2016年08月31日

さとなお:天春(四谷三丁目)

「よろにく」は(いま見てみたら)2009年にボクもここで書いてますね。
やはりいい店は時代の流れ、たとえば肉なら「サシから赤身、新鮮から熟成」という流れを掴んできちんと進化していっているんですね。オフィスからも近いし、今度久しぶりに行ってみたいと思います(予約とれないらしいですが)。

時代の流れという意味では、「油」が悪者だった(カラダに悪いと思われていた)時代がずぅっと長かったですが、最近では「油はカラダに悪くない」という実験結果などがアメリカから広まり、油を使った料理が再注目されている気がします。

たとえばとんかつとか天ぷらとかの揚げ物も、以前の「おいしいけどカラダにちょっとねえ」という偏見が消え、中年のボクたちにも敷居が低くなった感じがしませんか?(少なくともボクはすごくよく行くようになりましたw)

最近頻繁に伺っているのが、四谷三丁目の「天春」

毎週木曜日に近くで仕事があることもあり、木曜のランチに行くことがとても多いです(以前ならランチに揚げ物とか意識的に避けていました)。

ここ、基本の天ぷらがおいしいのはもちろんなんだけど、名物「しじみ汁」(700円)が魅力で、水曜夜に深酒した日なんかはこのしじみ汁のために四谷三丁目に向かうくらいですw

ま、しじみを具にした赤だしなんだけど、名物というくらいですから強烈な個性があります。なにしろしじみが多い。三度ほど数えましたが、だいたい200〜230個くらいしじみが入ってます。ひとつひとつほじって食べてると箸を持つ指がつりますw そのくらいの量。だからしじみ汁だけでかなり時間がかかるわけです。

で、天丼(ランチは1200円)も実においしいので、ここからが難問になります。
しじみ200個超を攻略していると、天丼が冷める。
天丼を熱々のうちに掻き込んでると、しじみ汁だけ残ってしまう。
ううむ・・・

ボクの中の解としては、
・熱々のうちに海老をおかずにごはんを掻き込む。
・しじみにとりかかり、1/2くらいしじみを食べる。
・赤だしで残った天丼(かき揚げとごはん)を食べる。
・最後に1/2くらいのしじみを味わう
ですかね・・・
まぁ毎回迷うのですがw

カウンターで食べていると、夜の仕込みをしているご主人の手元をずっと見ながら食べられます。惚れ惚れするような手さばきと丁寧さです。そして、いまはなき「楽亭」のご主人にもなんとなく似ていて・・・つまりは、夜もかなりおいしい、ということですね。

内装も昭和の天ぷら屋さんぽくて好ましいし、おばちゃんたちの接客も昭和っぽくて好き。四ッ谷近辺だと荒木町に行ってしまうことが多いのですが、常に「天春」は候補に入れる感じです。

posted by さとなお at 21:39| 天ぷら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする