2007年05月14日

いとう:天健(浅草)

>「ロマンティコ」、行きました。
いいですねぇ、あの店。気に入っちゃいました。また行こうと思います。二軒目が近いのもイイ(笑)。

そうですよね。シェフの距離感がとても心地いいし、シェフの人柄そのままといったオーソドックスで堅実な料理も魅力。食を愛する大人の空間です。

>最近伊藤さんが紹介してくれた中では他に「コッレツォーネ」「リストランテ・バルカ」に行きました。「コッレツォーネ」は少し合わなかったかな。「リストランテ・バルカ」は実に良かったです。深夜にああいう店が選択肢としてあるのは素晴らしいですね。

「コッレツォーネ」は、自分が食べたときの料理と昨今で、かなり変わってきてきたように(縮小傾向へ)聞きました。しり上がりなコースだっただけに残念です。

さとなおさんの大ネタに対して、相変わらず関連性のない店で失礼します。浅草の天ぷら店「天健(てんたけ)」

浅草には「大黒家」(未訪)とか、観光客相手の有名店も多数あるようですが、こちらを教えていただいて以来、浅草に来たら必ず行く、というか最近では「天健」のかき揚げが食べたくて浅草まで出かけることもあるぐらいです。

先日も大阪から母と叔母が上京したので、迷わずランチにココへ連れて行きました。ホテルの朝食がバイキングで「食べ過ぎた。まだ食欲ないわ」という二人が、巨大なかき揚げ定食をペロっと食べるぐらいのおいしさ。

実は、ここではかき揚げしか食べたことがないんですが、巨大で具沢山なのに、カリッとして、そしてなんといっても「軽い」んです。また、都心の高級店とも関西とも違う、真の東京下町の味を感じます。また高級店ではほとんど塩でしか食べることがない代わりに、ここでは甘めのツユをたっぷりつけてバクバクいけるのも幸せ。当たり前ですがご飯もとてもおいしく炊き上げられています。

箸休めのおしんこや貝柱の酢の物もすばらしく、天ぷらのそしてお酒の友として最高です。
posted by 伊藤章良 at 23:45| 天ぷら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする