2015年02月27日

いとう:Nomka(赤羽)

さとなおさん、拙著に対する身にあまる評価、ありがとうございます。
ブログでの書評、楽しみにしています(笑。

前回のさとなおさんの紹介店「Veggiecups」は、すごく魅力的かつ神秘的で、なによりカラダによさそう。飲食の業態も個性化してきましたよね。かなり興味深いです。少人数で集まる機会にぜひとも覚えておきたいお店です。

さて、ぼくも、中国料理店ながら油が軽くヘルシーで、野菜も豊富なお店を紹介します。
またまた拙著を持ち出して恐縮なんですが、東京百年レストランI、東京百年レストランIIとシリーズを重ねていくなか、紹介したうち2店舗のみ休業をしている店がありました。一店は「ル・ベルクレイ」。現在、アメリカでの開業を目指して準備中です。もう一店は「艇家」。日暮里からも鶯谷からも少々遠方の不便な場所にあり静かに営業をされていたのですが、急にブレイクしてとんでもない人気店となりました。決して店主はそれを望んでいなかったかと思うし、様々に心労もあったのでしょう。「艇家」は、しばし休業に入っていました。

そしてついに、またまたひっそりと、今度は赤羽にて、百年目指して(笑、再スタートされました。
「Nomka」といいます。Nomi(飲み) - teika(艇家) をギュっと縮めて「Nomka」だそうで、真面目一徹なご夫妻からは少し想像がつかない、ユーモアあふれる店名です。
今度の店は、ビルの地下のいわゆる飲食店街。課題だった駅からは近いものの、ひっそり感は以前にも増してかな。

店内はカウンターのみ8席ほどでしょうか。入ってすぐ左にワインセラーがありますし、中華の雰囲気はあまり感じませんが、にこやかでいつも腰の低いご夫妻と対面して、「艇家」の片鱗が蘇ってきました。

メニューには、小さく「写真を撮らないでください」とあったのでメニュー名は記しませんが、冷たいおつまみと温かいおつまみとに分かれていて、小さな皿からお腹を満たす麺類まで、キチンと揃っています。どれを選ぼうかと考えるまでもなく「メニューは、全部いただきます」とお願いしたところ、小気味いいコース仕立てな感じで、テンポよく登場。

どの料理も、食材の組合せや盛り付けに驚きがあり、口にするとほんのり優しくて笑みが止まらない。と、そんな連続。それこそ一巡ののち、何点かは改めて追加で(笑。

ワインと紹興酒も、「艇家」の当時は勉強中と言っておられたマダムのセンスと個性が映えるラインナップ。リストの見せ方も相変わらず秀逸です。赤白ワイン、紹興酒とどちらも飲みましたが、料理に合わせて飲み分けるのも面白いと思います。どちらかというと、「Nomka」ではワインが優勢でしょうか。

ぼくが訪れた日は、拙著「東京百年レストラン」で「艇家」を知って通い始め、
新規オープンを心待ちにしていたという方にも出会いました。ぼく自身も本当にうれしかった。
末永く、騒がずゆっくり通いたい店だと思います。
posted by 伊藤章良 at 17:41| 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする