2005年05月16日

さとなお:千成(大阪)

「鶯谷園」は元記事に追記しましたが、スープが化学調味料多くて少し残念。それ以外はなかなかです。4000円であれだけ食べられれば満足(生ビール2杯で)。

ボクも「関西=牛、東京=豚」という認識はしていますが、ただ、大阪の焼肉屋ですごく感心したという経験が少ないんですね。なんでかな。鶴橋の影響もあるのかなぁとは思うのだけど、安くてガハハは多くても、洗練された焼肉みたいのが少なかった気はします(5年前の知識なので今はわかりませんが)。
そういうこともあって、大阪で肉を食べに行くときは北新地の「千成」に行くことが多いです。焼肉というより「肉料理」。肉刺身から入って、レバー、タン、心臓、ヘレ、ミノとか食べていくんです。んでもって最後に煮込みをご飯にかけて食べる。これがうまい…。あぁ食べたい。オススメです。

とんかつは断然東京だと思います。串カツの名店は大阪にありますが、とんかつは少ないですね。「ぼんち」がまた復活しているらしいのと、神戸に数店あるかな、というところで。ただ、ビフカツは大阪の方が断然うまい。「グリル・モリタ」とかまだうまいかなぁ。ボクが日本一だと思っている「なかしま」のビフカツサンドが食べたいなぁ。

東京のとんかつは個人的に「勝漫」「燕楽」に偏ってきてしまったので、少し開拓しなおしたい気分です。「双葉」なんかはきちんと行き直してみたい。昔好きだった白金の「すずき」なんて今行ったらどう思うのかも知りたい。「かつ吉」は良さそうですね。キャベツお変わり狂としては見逃せない感じです。


posted by さとなお at 11:36| とんかつ・揚げ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。