2007年03月17日

さとなお:鮨兆(赤坂)

イタリアンって、ランチとディナーの格差が激しい店、多いですよね。
ボクも、夜はいい店なのに意外と残念な結果に終わるランチをよく経験します。なんでだろう。

関テレの近くで「レンドラ」って、なんか連ドラのスタッフが来そうな感じ?(自分で言っていてツマラン)。

大阪ってイタリアン増えてますよね。大阪って本来ラテンな気質だと思うので、はまれば大イタリアン地区になるかも、と期待しています。

さてと、じゃ、ランチつながり。

TBS社員は全員行っている(らしい)、赤坂の「鮨兆」を。

ここの名物ランチ「おまぜ」を初めて経験しました。有名らしいですね。
いわゆる「ちらし鮨」なんですが、タネを細かく切って、ご飯に混ぜ込んでいるから「おまぜ」(おめざ、みたいでちょっと可愛い)。
イクラとエビと赤身と白身とイカと玉子とキュウリとタクワンと青梅と…、と、いろんなものが彩りよく細切れになって入っていて、酢飯は全体に醤油(煮きり)味になっている。それが混ぜられているんだから、なんとなくうまい感じはわかると思います。

で、1500円するんだけど、でもとてもお得感あるんですよ。

大盛りをお願いするとかなりの大盛りで出てくるんだけど、値段が変わらない。
そのうえ、最初に白味噌の味噌汁が出て、食べてる途中に赤だしも出てくるんですよ。
味噌汁の二度攻め。
これは初体験。
でも白味噌で始めて、途中から赤だしを飲むって意外といいですね。塩がよくきいている「おまぜ」に赤だしよく合うし。ちなみに味噌汁はお代わり自由です。

んでもって、食べ終わるとデザート(ボクのときは葛切り)。
そんで、会計時に「どらやき」のお土産までつくんです。

これで1500円。安いと思うなぁ。
全体にもともと量が多いので、大盛りでなくても普通盛りでわりと充分ですね。まぁちょっと味が濃すぎる部分があるのと、店が(夜は高いらしいのに)かなりごちゃついているのと、行列が激しいのが難だけど、赤坂のランチではなかなかオススメな感じです。
posted by さとなお at 23:07| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする