2007年02月19日

いとう:土地(大久保)

そうか、あれから何度も「福竹」には足を運ばれているんですね。わりとお近くだしなあ・・・。

前に焼肉の時にも書きましだか、結局お母さんの説得力ある解説を聞いてみると、自分の焼き方は今までなんだったんだとガックリ来ますね。特に大阪時代は、お好み焼・焼そばの名手と自称していたものですから(汗)、意識が根本的に変わりました。

では、今度こそ先週末に食べたチヂミについて紹介しましょう。
その店は大久保にある「土地」という韓国料理店。店名もユニークながら、すべてにユニークな店で一部に熱狂的なファンもおられるとか。

まずはその安さにあります。大久保駅を降りて「土地」に向かう裏通りは両側に居酒屋・中華・カレー店等が並ぶのですが、その時点でそれらの店も尋常じゃなく安価。そして韓国料理の「土地」も、一品料理はそこそこの値段ですが、飲み物は、生ビール・サワー類など全て200円台。

ぼくたちは(一応5名以上限定とのことですが)飲み放題のコースを選択。焼酎、マッコリ、ビール、その他ソフトドリンク全て飲み放題。料理は、キムチ・ナムル、チャプチエ、水餃子、プルコギ、トッポギ、チヂミ2種類(チーズと山芋)、豚バラ焼肉、普通の野菜サラダ、チゲ鍋(インスタントラーメン入り)で、一人4000円(去年まで3500円だったらしい)。これらの料理が、ヒトの胃袋をまったく斟酌しないほど大量に出てきます。しかも1.5時間ぐらいの間に(2時間制なので)。

韓国料理は本場を知らないし、日本で食べる場合、味の画一的な料理が多くすぐに飽きてしまい、個人的にはあまり好みではなかったのです。でも「土地」のコース料理は、さすがに味や流れに緩急や工夫があり最後までワクワクしました。特に、山芋のチヂミは、大阪風お好み焼の原点を感じさせる(どちらが先か詳しくは分かりませんが)印象に残るもの。ただ、本当に尋常じゃなく量が多く、しかもオモニの味とのことで(つまり家庭料理の延長で)どの皿も非常に甘いので、より一層たくさん食べることができません(残念ながら)。

お酒もかなり飲みましたが、強烈に腹いっぱいで「酔い」というものを感じず(笑)、健啖家を自認するぼくですが、久しぶりに食べ疲れました。

もうひとつ残念なことは、その安さに釣られた客層が少々ひどいんです。いわゆる中目黒の「鳥小屋」や「ミキータ代官山」で感じられるような若い世代の暴走ではなく、厚顔無恥なおばちゃんとでも例えますか・・・。結局インスタント食品やセントラルキッチンでの企業努力で安価となる居酒屋チェーンと同じ扱いになってしまうようで。

そんなに広い店でもないのに、拍手をしながら「いっき、いっき」と掛け声をかけたり(今や化石のような飲み方 笑)、韓流スターの写真集を回し見て「ぎゃっきゃ」と喜んだり・・・。

おいしいものをたくさん食べようとの気合で来ているのはウチらだけ?! みたいでした。
posted by 伊藤章良 at 17:52| 焼肉・韓国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする