2006年10月05日

さとなお:鮨の魚政(札幌)

>呆れている方も多いかと拝察しますが、

多いみたいです(笑)
ボクも「少しどうか」と思いました。まぁあと数年ですね、ああいうバカやるのは。

結局札幌には実質2日半いたのですが、15軒行きました。ちょっと多いか。でもスープカレーは5軒しか行けなかった。あと数軒行きたい店があったのですが、スープカレーのハシゴって意外とキツイ…。

行ったのは「プルプル」「木多郎」「マジック・スパイス」「イエロー」「ヴォイジュ」
行きたかったのは「ベンベラ・ネットワーク」「サボイ」「アジャンタ」「らっきょ」「花車」「メディスンマン」……。

まぁ次回もがんばります。

>強烈に熱くて濃い味噌ラーメンも札幌から生まれてきたように、
>スープカレーも当初は暖を取る発想もあったのでしょうか。
>不勉強なぼくはあまり口を挟まず、ご報告を楽しみにしています。

スープカレーの発祥は「アジャンタ」。中興が「スリランカ狂我国」。スープカレーという言葉を初めて使ったのが「マジック・スパイス」という流れは有名なようですが、普及については各説あるようです。ボクもそんなに詳しくはありません。でも「札幌って普通のカレー店がもともと少なかった」というのがわりと言われてますね。ルーカレー文化があまりなく、あいていた白地に一気に広まった、みたいな。でももちろん「寒い」というのもあるとは思います。

スープカレーについてのまとまった意見やお店についてはもう少し消化してからお話ししたいと思います(まだなんだかアタマがまとまらない)。

今日は札幌中央卸売市場の鮨屋をご紹介。

と言っても、札幌市中央卸売市場の場外とかではなく、すぐ隣にあるマルカ(丸果)センターの「鮨の魚政」。まぁ場外市場の一形態みたいな感じの場所です。

ここは朝6時から昼の1時30分までの営業だから、旅の朝ご飯に食べるのをオススメします。市場に勤めていた方から「市場周辺では一番評判が良く、みんなで行っていた」と勧められました。

市場の鮨ってタネの大きさとか鮮度の良さで勝負してくるじゃないですか。
でもこの店はそうではないです。きちんと仕事をしてあり、タネの大きさも適切。なにより醤油皿がなく、煮きりを塗ってくれるのも市場鮨っぽくないですね。

握りは一貫80円からと安いし、北海道の地の魚はもちろん、コハダや〆鯖、煮穴子なんかも揃えてあっていい感じです。途中で青のりの味噌汁を出してくれるのも朝ご飯っぽくていいなぁ。食べてると周りの店から新鮮な素材が届けられたりするシズル感もいいです。

市場鮨ってそんなに好きではないのだけど、この店はわりと気に入りました。バランスや仕事で食べさせる江戸前握りに比べるとずいぶん素朴なタイプですが、鮮度重視のみではない市場鮨として、札幌での定番朝ご飯になりそうです。
posted by さとなお at 22:57| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする