2006年09月29日

さとなお:マジック・スパイス(下北沢)

関西系で「葉隠」つうと、やっぱり「はがくれ」を思いますよねぇ。
そういえばとろろコブは東京ではあまり出ませんね。大阪のうどん屋で飲むときなど、とろろコブだけ別盛りでオーダーして酒飲んでましたっけ。

ところで。
スープカレー、また行ってきました。
札幌直前予習第3弾。ここ数日で「スープ食堂 心」初訪、「ガネー舎」再訪、そしてやっと本命の「マジック・スパイス」に行けました。
渋谷に用事があったのでちょっと足を伸ばして下北沢まで。12時少し前に入ったけど、なんとか座れました。

食べたのはチキンの「極楽」にマイタケをトッピングしたもの。
この店はですね、辛さが7段階あるんだけど、その名付けがすごい。覚醒、瞑想、悶絶、涅槃、極楽、天空、虚空と辛くなっていきます(裏メニューとしてもう一段階上もあるようですが)。極楽は大辛の下くらいかな。ボクとしてはもう少し辛くてもいけるので、次に食べる時は天空か虚空だと思います。ここのスープカレーは辛めの方が絶対うまいです。自分がいける最大限に辛いのを食べるのをオススメします(ということは数回行かないとわからない)。

それにしても、ボクはこの店でスープカレーをめちゃめちゃ見直しました(札幌では35年前からあるようなので「何を今更」という方も多いとは思いますが)。

びっくりした。うまいですねぇ。これならトムヤンクンと並んで世界三大スープにエントリーできるのではないかとすら思ったです。トムヤンクンに負けていない。スープの完成度が高い。あえて言えば後味が多少丸いのが気になるけど(尖った良さが消えて丸くなっていくのが早い)、それでも完成度が高いなぁと感心しました。

で、思ったのだけど(さなメモにも同じこと書いたけど)、スープカレーって完成度が高いとご飯はいらないなぁと思いました。
ご飯(ターメリック・ライス)が出てくるのでスプーンに載せてスープに漬けて食べるんだけど、そんなことわざわざしないでスープだけ食べていたい感じになります。

普通のカレーが「ご飯を最大限おいしく食べるライス料理」だとすると、スープカレーは「具を最大限おいしく食べるスープ料理」という印象ですね。主役が違う別物。というか、スープカレーを食べて初めて「普通のカレーってご飯が主役だったんだ!」と気付いた感じです。

店内の独特なセンスも馴れてくると楽しいです。サービスも親切丁寧で元気いっぱい。ちょっと当て字とかのセンスがどうかなぁと思いつつ、気に入ってしまいました。

あぁ、札幌行きが楽しみになって来ました。4軒くらいに止めておこうと思ったけど、6軒くらいは行こうかな。

ちなみにこの「マジック・スパイス」、大阪のJR難波駅近くにも支店が出来たようです。
posted by さとなお at 08:43| カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする