2006年09月07日

いとう:串亭(恵比寿)

>住吉にあった「エスパス」というケーキ屋でパティシエをやっていた方が突然やめて開いた異色のおでん屋で、阪急芦屋川駅から線路沿いを西に数分歩いたところにあるプレハブで営業してます。

ほぅ。なんか楽しそう。おでん種のなかには、手こね系とかふくらまし系とか(抽象的ですが)ケーキに近いものもありそうだし、わりと共通しているのでは(笑)。おでんという料理は安価でローカロリーなので、メタボリックシンドロームな皆様には大注目なんですよね。

なかなかウマイ!おでんには行き当たらないけど、そういう店を見つけると収穫アリといった感じ。そういえば環状線福島駅近くにも、プレハブの有名なおでん屋さんがあったなあ・・・。

さてぼくは、前回に引き続いて串かつ「串亭」
最近東京で串かつ店のオープンが相次ぎ、ジンギスカンの次に来るブームとも言われていますが、大阪発祥と言われる串かつも二パターンあってわりと誤解されがち。大阪では本当に安価で大衆的ないわゆるソース二度づけお断り系の店と、串の中身や組み合わせに工夫を凝らし、料理としても完成度の高い高級店の二通りがあるのです。

「串亭」は、ソースが各自の前に小皿で多種類用意される、大阪でいう「活」「知留久」「串の坊」などの高級店の部類。メニューは「おまかせ」。料理がスタートし自分でストップをかけるまで、次から次へと出てくるスタイル。客単価も5000円は越えるでしょう。

もともとは、だんじり祭りで有名な岸和田にあった店の暖簾わけ(支店?)のようで、スタッフの中心メンバーも関西人とのこと。でも、自分が大阪人なので余計に感じるんだと思いますが、スタッフの人懐っこい動きやホスピタリティは、いかにも大阪ルーツの店という気がする反面、ダイニングの内装や空間の持つ全体の雰囲気が妙によそよそしくて排他的な感じ。大阪発信の串かつ店から乖離していて残念。

なんか、もっと自然な形の大阪弁が交わされていたり、ガッツリがめつくウマイものを出す、そんな威勢が欲しかったなあ。大阪の料理なんだし、はすに構えて気取ってみてもしょうがないんですよね。


posted by 伊藤章良 at 18:22| とんかつ・揚げ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。