2011年10月18日

さとなお:ら京(大森)

あの台風の日、伊藤さんもおいしい店に避難してたんですね。考えることは同じですね。

ところで、居酒屋。
ふっと頭に浮かんだ八戸の「わがや」「おかげさん」を書こうともおもったけど(再訪したいなぁ)、東北の店が続いたので、東京の店を書いてみます。

大森の「ら京」
JR大森駅と京急の大森海岸駅の間で、大森海岸駅の方が近いかな。そんなにいい立地じゃないと思うのだけど、なかなかがんばっている居酒屋でした。

魚も野菜も「産地直走」と書いてある。で、そう書いてあるだけのクオリティがあります。
とにかく新鮮。新鮮が必ずしもいいとは思わないし、そういう売りの店もたくさんあるのだけど、この店は新鮮さで頭ひとつ抜け出ている印象でした。そして、特に魚は品揃えがユニークなのがいい。あまり食べたことがない魚がズラリと並んでいて楽しいのです。で、それを盛り合わせとか魚串とかで少しずつ食べられるのもなかなかよいかも。店員がとても親切なので、相談しながら選んだけど、どれも頼んでみたくて困りました。

同じく「産地直走」の野菜もよりどりみどり。
「野菜サラダ」はめっちゃ大きな皿に盛りつけてきて食べ応えあり。糸かぼちゃをそうめん風にして土佐酢で食べるものなど、あまり東京ではお目に掛かったことがないメニューもありました。

お酒の揃えもちゃんと考えてあるし、サワーや梅酒もバラエティ豊か。〆の丼ものやご飯物も充実しています。これだけ揃えて、ひとり4〜5000円もあれば満腹というのはお得感あり。

カウンター前の壁が屹立していて、それが多少圧迫感があるのが難だけど(壁と向かい合って食事している感じになり開放感がない)、まぁテーブル席も多いので大丈夫。

ちなみに、変わった店名ですが、もともと「楽京」だったのが、発音しにくいから「ら京」となったらしいです。

posted by さとなお at 06:46| 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする