2006年08月01日

さとなお:古月 新宿店(新宿御苑)

間が開いてしまいました。すいません。8月とはいえわりと朝晩涼しいのに、なんかノリが悪くてあまり筆が進みません。まぁこういう時もありますね。

ところで!
「古月 新宿店」良かったです。教えてくれてどうもありがとうございました。

実は上野の「山中旅館 古月」はあまり好きじゃないんですよ。なので正直どうかなぁと思って行ったのですが、なかなかどうして、素晴らしかったですね。

上野は基本的に創作中国料理じゃないですか。でも新宿店は中国伝統家庭料理と中国八珍料理のふたつのコースを持っていて、支店とはいえ別の店ですね。特に4800円のコース(中国伝統家庭料理)の充実さはさすがなもの。次回はおまかせでコースを作ってもらいたくなりました。きっと素晴らしい構成を考えてくれることでしょう。

四川と広東を中心としていろんな地方のエッセンスを取り込んだ料理となるとだいたい焦点がぼけがちだけど、この店は各料理しっかり焦点が来ていて印象に残るものとなっていました。量も十分(大食の人は最後のご飯をおかわりするといい)。しかもプリフィクスで数品の中から選べる仕組みになっているのも偉いですね。

食べた中では、前菜の鴨と口変わりに出てくる豆腐料理がまず印象的。スープのいいし、メインの土鍋料理もとても良かったです。白ご飯にかけてワシワシ食べるのが正解ですね。デザートは亀ゼリーやタピオカが混ざったもの。タピオカの出来に「最後まで手を抜いてないなぁ」とうれしくなりました。
あえて言うならご飯についてくる中華スープが「食堂で炒飯についてくるスープ」に近くて、街場の中華店気分になってしまうのが難かな。あれは余計な気がします。

窓の外には新宿御苑が広がり、ロケーションも新宿っぽくなくとてもいいです。いい店を教えてもらいました。ありがとうございました。


posted by さとなお at 23:09| 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。