2006年07月25日

いとう:からさわ(西麻布)

さとなおさん、もう具合は随分いいのでしょうか。
プールが感染源というのはやはり怖いですね。水の方が空気よりも感染力は強いだろうし。ぼくも、あまり何もケアを心掛けずプールに通っているけど、まあ、さとなおさんよりはほどほどですから(笑)。

>やっぱりここは揚げ物系定食屋の横綱だと思います。
>あの美味さ。あの丁寧さ。あの親密さ。あの清潔さ。どこを取っても「いい店だなぁ」とため息が出ちゃいますね。

やはり「三河屋」ですか。
ここは、ぼくが東京に出てきてすぐのころから、行ってみたい店も一つでした。
基本的には、焼きは東京、揚げは大阪みたいなところはあるんですが、やはり東は豚肉の食文化なので、とんかつに代表されるカツ類は旨い店が多いですね。

東京に出てきてすぐの頃、西麻布ってとても交通の便の悪いところなのに(それは今でもなんですが)、そして、最先端の街にもかかわらず、この「三河屋」は、どうしてこんなに並んでいるんだろうと、東京の人は並ぶのが好きなんだなあ・・・(それは今でも思いますが)と、嘆息しました。

でも、意を決してその列に加わり食べてみると、本当に美味しかった。そして楽しかった(東京っぽいというか)ことをよく覚えています。

今日は、揚物、そして西麻布ということで、天ぷら「からさわ」
ここは少し前にさとなおさんと行った店ですけど、流れでぼくが先に書いてしまいます。

西麻布交差点からも少し距離があり、しかも裏通り。回りには全く店もない一角。入口からかなり隠れ家風な渋さですが、入店すると店内は明るく、レイアウトや店舗デザインも、奇をてらったところがない、かなりの自然体。西麻布のヘソにある隠れ家的雰囲気は入口までです。

というのも、ご主人はすでにかなりのキャリアの持ち主で、若い人がどんどん独立して店舗を持つ昨今には珍しい満を辞してのスタート。それだけに、店全体が落着いて浮き足立ったところがなく、すっと溶け込めます。

ところで、久しぶりのさとなおさんとの話、そしてご主人や北海道出身の店の見習スタッフさんを交えた札幌談義に花が咲き、天ぷらをじっくりいただいた、という記憶が薄れてしまっているんです。さとなおさんはどうでしたか。
ただ、鮎や貝の天ぷらなど、瞠目の個性メニューもあり、ご主人の懐の深さがうかがえました。

そんなくつろぎも、「からさわ」の特徴と言えるのかもしれませんが。
posted by 伊藤章良 at 23:46| 天ぷら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする