2011年02月23日

いとう:山ね家(赤坂)

そうですか。「かみはら」、行かれましたか。
ぼくはずっと「かみはら」応援団なんですが、つい最近まで食べログにすら書き込みがなく、女将さんから弱気な発言を聞いたりして、心配していました。

健在、のようで安心です。あの隠れ家感、低価格で飲み放題というオペレーション、そしてカントリーが流れる不思議な店内と女将さんのホスピタリティ。東京では唯一無二の店ですね。

カウンターのうまい店。けっこう悩むお題なので、「まぁ割烹とはいえ居酒屋的な雰囲気」みたいな繋がりで。「山ね家」を。ちなみにこの店も食べログの書き込みは一件だけです(笑。

「山ね家」は赤坂なんですが、いわゆる一ツ木通りとか飲食店密集エリアではなく、赤坂のTBS前あたりから乃木坂へと抜ける道をしばらく行き右に折れてすぐ。昔は「コロンビア通り」と確か呼んでいた、タクシーの抜け道のような通り沿いです。

割烹を意識して作られたレイアウトではなく、おそらく元々はバーとかスナックだったであろう店内に手を加え、食事処としてもくつろげるように工夫されています。およそ料理人とは思えない長身で色白のご主人と、笑顔がさわやかな女性とで営む居心地のいい空間で、月並みですが「時の経つのを忘れる」寛ぎがあります。

俺の料理はスゴイだろうという構えもなく、ウチの酒は天下一品だとの驕りも、微塵もない。でも、丁寧に仕込みがされて、ご主人の人柄を具現化するようにやさしく仕上げられた料理には幸せを感じます。また、メニューアイテムをやたら広げるのではなく、一人でまかなえる範囲に絞って提供される様にも賛同。

酒も、比較的有名な地酒と、ご主人の出身地広島を中心にレアで純米酒好きが飛びつく系の酒が半々ほど。どちらの嗜好にも満足できるように工夫されてるなあと、さらりとしたこだわりも垣間見て感心。

〆には、その日の炊き込みご飯と豚汁をぜひ。高額日本料理店並みのクオリティを実に安価に楽しめます。

交通至便な場所ではありませんが、逆に赤坂〜乃木坂界隈ではピンポイントでチョイスできる店だと思います。深夜までやさしいご飯が食べられることも大きな魅力かな。
posted by 伊藤章良 at 14:11| 和食(小料理・割烹・郷土料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする