2010年12月27日

さとなお:和さび屋、BAR DE PUERTO(川口)

ネットでラーメンについて意見すると反論がいっぱい来るんですよねw
ネットや携帯と親和性の高い食べ物なのでしょう。層が似てる上に手軽に評論できる食べ物でもあるし。

ボクはもともと蕎麦派で、そのあとさぬきうどんにはまって、12年前に「うまひゃひゃさぬきうどん」なんて本を出し、その後に沖縄そばも本で書いてますので、蕎麦とさぬきうどんと沖縄そばに義理もあって(笑)、ラーメンはほとんど食べません。というか、その3つを食べるのに精一杯でラーメンまで手が回らない。

ただ、さぬきうどん以来の麺フェチなので、ラーメンも「つけ麺」はたまに食べます。
あれは麺を食べる料理だと理解しているので麺好きにはうれしい。ただ、麺をつけることでスープが冷めるのが難かな。

さて、この前、大貫妙子と坂本龍一のコンサートを聴きに、埼玉県は川口に行ってきました。
川口駅って初めて降りたかも。意外と近いんですね。東京駅から30分くらい。そこで2軒、まぁまぁの店に当たったのでご紹介しておきます。伊藤さん、なかなか行く機会ないと思うけど、何かのときにお役立て下さい。

コンサート前に軽く腹ごしらえ、と、駅東口周辺を探し歩き、なんとなく入ったのが「和さび屋」
若い店主がやっている小ぎれいで落ち着いた居酒屋です。いい感じだなぁと飛び込んだのですが正解でした。山形出身なのでしょうか、山形名物がメニューにわりとあり、山形芋煮はとてもいい味でした。あと、おでんが良かった。大振りかつ薄味でとても上品。つくねもなかなか良かったし、全体に好感が持てる店でした。炭火で魚とか焼いてもらってもよかったかも。芋焼酎の品揃えも立派だったし、また機会があったら(あるかな?)ゆっくり来てみたい店です。

コンサート後も軽く、と、東口の繁華なあたりを歩いたのですが、居酒屋チェーンばっかりで埒があきません。
すっかり諦めかけたころ、一軒のスペインバルを見つけました。周りから(いい意味で)浮いている店構え。迷わず入ったけどなかなか正解でした。「BAR DE PUERTO」(バル・デ・プエルト)。

暗い店内は雰囲気もなかなか良く、居酒屋チェーン通りにあるという意外性もあってわりとワクワクしましたね。
有機野菜の盛り合わせは、ちゃんと珍しい野菜を取り揃えて楽しませてくれたし、イワシの酢漬けとかアヒージョとかもちゃんとしてました。ワインも安いものから数多く取り揃えてありました。グラスワインは赤白2種類ずつで、もう少しあるといいと思ったけど。
あまり時間がなかったので食べられなかったけど、イベリコ豚の炭火焼きや煮込み、パエジャなどもおいしそう。焼きリンゴなどのデザートもすべて惹かれるものでした。

こういうとき、ネットで検索して店を探すのもいいけど、初めての街では「歩いて探す」というのがわりとイイですね。街の感じも住んでいる人の感じも少しわかる上に、「なかなか良い店」を見つけたときのワクワク感・満足感が違います。

あっちの方に行く機会があったら、どうぞ。
posted by さとなお at 08:29| 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする