2006年05月09日

いとう:久慈清商店(中目黒)

>お母さんと行かれた焼き肉店が気になりますね。どういう店を選ぶのでしょう。

けっこう普通ですよ。梅田の「明月館」、新地の「食道園」、それと母のプール友だちが経営する店(名前失念。すみません)ぐらいかな。家の近所に行くこともありますが。回りに若い人がたくさんいて大声でつまらない話をしている店には母とは行きにくい(誰とでも行きにくいですけど)ので、オーソドックスな所を選びます。

>進化が早い日本の客を相手にするレストランは大変だなぁ。

と、同時に情報や食材の流通も早いですからねえ。旬の食材でもどんどん使われる時期が早まって、改めて「旬って何?」と思わせる部分も。今年も白アスパラを何度か食べましたが、自分が国産・輸入物を含め旬だと覚えてた時期とはかなりずれていたなあ・・・。ま、春野菜なのは間違いないので、毎回新しい季節を感じていましたが。

焼肉つながり、ではないんですが、大阪の焼肉は、東京の焼肉と比べ大きく異なる点が二つあります。一つは値段。これはどうしようもなく、牛肉が「肉」である関西と豚肉が「肉」である関東の意識の違いかとは思います(大阪では、肉まんのことを豚まんと言いますからねえ)。

それともう一つ、ぼくにとって大きいのがタレ。
東京の焼肉のタレは甘すぎます。相対的に東京の味は甘めというか甘味の強い料理が多いですが、焼肉のタレは顕著。かなり苦手です。東京で焼肉を食べるときはほとんどの肉を塩で注文するし、タレにも、タン塩でついてきたレモンをたっぷり絞りコチジャンも投入、それでもまだつらい感じ(笑)。

で、ぼくにとってこの二つのウイークポイントを解決してくれるのがジンギスカンですね。もちろん肉の種類は異なるけど価格は安い。そしてタレが甘くない。大阪で焼肉に行ったばかりというのに、東京に戻った日の夜、ジンギスカンに行きたくなりました。肉系はあとを引くのですよ(と、勝手な理屈)。

連休最後の日なので開いている店も少なく選択肢に困ったけど、なんとか探り当てたのが「久慈清商店」。中目黒、渋谷界隈で多店舗展開しているあぐりグループの一店。

最初から最後まで他の客は誰も来なかったけど、不思議なキャラのおばちゃんが1人で店番をしていて、チェーンとは思えないスタンドアローンないい雰囲気でした。ペットボトルに入れたタレをポンと一本渡されるところもよかったな。肉や野菜はそれなりですが・・・。

店を出るときに「こちらのショップカードください」とおばちゃんに頼んだら、「ショップカードないんだけど、もう辞めた子の名刺ならあるよ。これ持っていって」と、渡されました。うーん、改めてチェーン居酒屋が経営している店とは思えない・・・。
posted by 伊藤章良 at 12:00| 焼肉・韓国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする