2010年12月12日

さとなお:牧野(稲荷町)

伊藤さん、「東京百年レストラン」の出版おめでとうございます。
伊藤さんがようやく一冊目だなんて信じられませんが、でも一冊目ってうれしいですよね。ボクは「うまひゃひゃさぬきうどん」っていうふざけた本でしたが、あのころのドキドキは今でも忘れません。きっと伊藤さんもドキドキなのでしょう(笑)。そのうち出版お祝い会をしましょう。

ところでカレーバルっていいですね。〆のカレーって妙に好きです。
「タワシタ」も〆にカレーがありますよね。この前行った「國松又左衛門」というフレンチ風焼き鳥の店も、〆にサプライズのカレーがあって楽しかったです。まぁカレー好きということもありますが、最後の最後にカレーが控えていると思うと気分が盛り上がります。

さて、〆というとラーメンを思い浮かべる方も多いと思いますので、〆ラーメンが秀逸な店をご紹介します。

浅草は稲荷町の「牧野」です。

この店、ふぐでよく知られている店ですね。
濃い目のヒレ酒とともに、てっさはもちろん、ふぐの煮こごり(辛子をつけて食べるのが珍しいですがとても美味しい)、もみじ下ろしをたっぷり載せた焼きふぐ(これがまた絶品)、塩加減のいい白子焼きなど、どれも実に美味です。

で、当然この後はてっちりとなるわけですが、実は「絶対こっちの方がいいよ!」と同行者たちに勧められて「毛蟹大根鍋」を頼みました。そしてこれが実に個性的で独特な鍋で、美味しかったのです。

主役は大根。
大きな鍋に半月に切った大根がたっぷり。そのうえに毛蟹の足がどっさり乗っています。具はそれだけ。シンプルな鍋なのです。

味は濃厚な白味噌。ダシは蟹からたっぷり。そしてその上にバターもたっぷり。これらが大根に染みこんで、それはもう大根がうまいうまい。しかもバターの膜で熱が閉じ込められるせいか、かなり熱々のほくほく。あ〜大根がうますぎる!

塩は振ってないらしいのですが、バターからでしょうか、かなり塩味が出ていて、鍋の後半がかなり塩辛くなるのが難点ですが、でも、でもでも、この「白味噌バター(蟹ダシ)塩きつめ」状態に、ラーメンをどっちゃり入れて煮るとこれがまた! もういい加減お腹一杯なのですが、入る入る。

ふぐで始めて、ふぐを存分に味わったあと、てっちり→雑炊、と行かずに、毛蟹大根鍋とラーメンで〆る、という、なんかハイブリッドなシアワセが味わえる店なんですね。

てっちり→雑炊も超シアワセですが、なんか予定調和的で落ち着いちゃうところがあるでしょ。それがなく、なんか「よし!次!」という力が湧くような、そんな〆でした。ちなみに毛蟹大根鍋を食べる場合は、予約時に告げておいた方がいいらしいので注意。
posted by さとなお at 11:26| 和食(鍋・おでんなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする