2006年05月01日

さとなお:エッグ・ベネディクト

麻布十番の店は「うずら」でした。なんかこの辺こんがらがりがち(笑)

「眞平」は琉球料理というより豚モツの方がメインかも。
ボクが行った日、最後の方で田崎真也氏も現れましたね。スタッフに一言二言言って帰っていきました。ただ、彼の店&彼がちょくちょく現れているわりにはなんとなく清潔感に欠けるというか…。もう少しスッと整っているともっといいのですが。

「ダルマット」、恵比寿に二店目できたのですか。知りませんでした。
ああいう店が多店舗展開すると、あるシステムに乗っかっているのが透けて見えてくるので、そこは善し悪しですね。客が幸せを感じられるシステムだからまぁいいのですが、ひとつの店舗で「これでどうやって採算とっているのだろう?」と驚きながら食べている方が有り難みが感じられるというか…。微妙に残念な気がします。

中華はボクの弱い分野なこともあるのだけれど、このところの中国の動きには辟易しているので、最近食指が動きません。韓国も同じく。「ぶるだっく」を再訪したのですが、どうにも居心地悪くて(笑)。食に罪はないとはいえ、意外と引きずられちゃう自分がいます。

ところで、あるつてがあって、米軍横須賀基地の「将校クラブ」でブランチを食べてきました。
米軍だったら居心地悪くないのか、というツッコミはご勘弁(笑)。なかなか行ける機会がないので、物見遊山で見学してきたのです。

第七艦隊に勤めている人のエスコートがないと多分入れない場所。全体の雰囲気も細かい設えもすべてアメリカそのものでした。バイキングのレベルとしてはなかなか高レベル。冷菜、温菜ともに美味。ハムはその場で切ってくれるし、オムレツやパスタもその場で作ってくれます。あとはベルギーワッフル・コーナーやアイスクリーム・ステーション、デザートワゴンなどがあり、ピンクシャンパンも飲み放題。アメリカン・ブランチを堪能しました。胃を小さくしている最中でなければもっとバカ食いしたのになぁ。

ここで、ニューヨークで食べて以来久しぶりにエッグ・ベネディクトを食べました。
ポーチドエッグが好きなので、エッグ・ベネディクトも好きなのです。でもオランデーズ・ソースが超高カロリーなので、あまり食べないようにしています。とはいえ、あまり日本ではお目にかからないのでうれしかった。

このエッグ・ベネディクト、イングリッシュ・マフィンのトーストに、カナディアン・ベーコンという丸いハム(普通のハムかベーコンでもオッケー)を載せ、その上にポーチ・エッグをのせて、オランデーズ・ソースをかけたものなのですが、料理としてはニューヨーク生まれだそうですね。

検索したら、ココにその由来が載っていました。
posted by さとなお at 18:19| 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする