2006年04月24日

いとう:シノワ(渋谷)

>これはそうなんですか?
本店の方が総本家より高級だという意識はありませんでした…。

本店の方が、エプロンが布製だったり漬物のおかわりかできたりしますが、その分ご飯付きのセットでトータル400円ぐらい高かったように記憶しています。不確かですが(汗)。

>実は両山本屋ともにボクにはマイルドすぎるのです。白味噌をブレンドしてあるからかな。味噌だけだと、大阪の味噌煮込みうどん屋「あまの」の味つけの方が好きです。「あまの」についてはまたそのうち。

あっ「あまの」ですね。なつかしい名前登場で感激です。ここは大阪の実家からも近いし、大学生のころは週一ぐらいで通ってました。そうか、やはりぼくの味噌煮込みのベースもあの店なのかなあ。さとなおさんと同じように両山本屋はマイルドすぎると感じていたので。その点前回紹介した「大福」はマイルドではないけど塩辛くもない、絶妙のバランスでした。

ちょっと味噌から話が飛んで、渋谷のワインバー「シノワ」です。ここには、ずいぶん前に奥様優子さん主催のチーズ&ワイン会の二次会で行って以来(笑)。
オーチャードホールのチケットがあれはなにか特典がある、とのおぼろげな記憶もあり、別の場所で食事の後(というか、終わったすぐの時間帯は満席だったので)訪ねました。

渋谷の地でも、変わらず落着いたいい店でした。
週末でもあり客は大半が渋谷系とでもいえる若者。オーナーの後藤さんは「オペラのアフターイベントに」とここに2軒目のワインバーを作ったと聞いたことがありますが、結果、そうはなっていないものの、若者一人一人にもスタッフみなさんが丁寧にまじめに対応されていて感激。

それはそうと話は変わりますが、多方面の方からお叱りも覚悟で言いますと、アイーダ・ゴメスの踊りを見ていて、少し「テンダリー」の宮崎さんを思い出しました。立ち方、シェイカーの振り方など、次元は違えどフラメンコ舞踊に共通するものがあるかなあと・・・。


posted by 伊藤章良 at 07:52| バーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。