2010年07月25日

さとなお:大やきいも(静岡)

お、お得意のハワイですね。
「伊藤さんはコーディネーターよりくわしい」とよく友人から聞きます。ハワイのレストラン・ガイドブック、書いて欲しいなぁ。

ボクは地味に地方がくわしくなっていっていますが、地方は奥が深くて大変ですね。まぁでも楽しいです。今日は最近行った中から、静岡の「大やきいも」を書いてみます。

ここ、店名通りやきいももめちゃうまいのですが(大学いもも良い)、基本的に「おでん」が名物です。静岡おでん(しぞーかおでん、と発音するらしい)。

静岡おでんの特徴は黒スープに黒はんぺんです。
黒スープは濃口醤油をベースに継ぎ足し継ぎ足した歴史のせいだそうです。黒はんぺんは焼津産が主。静岡ではんぺんというと黒はんぺんのことらしいですね。サバやアジ、イワシなどを原料として骨ごと潰してすり身にしたもの。風味が強くて白はんぺんより好きだったりします。

そして具がすべて串にさしてあり、青のりとだし粉(けずり粉)をかけて食べるところも静岡おでんの特徴。あとは牛スジでしょうか。また、静岡で「おでん」と言うと、食事というより駄菓子に近い感覚の食べ物らしいです。駄菓子屋におでんって東京ではあり得ない組み合わせだけど、静岡ではそれが普通だったとか。

静岡人はおでん好きで、戦後すぐにはおでん屋台街が青葉公園通りにあったらしいのですが、都市開発で姿を消し、いまは青葉おでん街を中心に点々と残っているのみと聞きました。ここ「大やきいも」は歴史ある人気店のひとつらしいです。

で、この店、まさに昭和な雰囲気そのままで、そういう感じが好きな方は入店したと同時に「わー!」と声あげてしまうくらい。もう昭和30年代がそのまま残っています。土間にデコラのテーブル、丸椅子、焼き芋の蒸し釜、木の壁、テーブル、などなど、まさに映画のセットのような空間。

大きく目立つのはやきいもの蒸し釜で、おでんは土間の片隅に小さくぐつぐつ煮えています。
牛スジが一本100円な以外はすべて一本60円。すじ、糸こんにゃく、さつまあげ、昆布、白やき、静岡名物黒はんぺん、ごぼう巻、じゃがいも、こんにゃく、たまご、だんご、というラインナップ。季節によってはタケノコなんかもあります(うまかった)。どれもこれもシンプルで懐かしい良い味。慣れている人はセルフサービスで取って、青のりとけずり粉をかけて勝手に食べてます。精算は串の数でするようですね。

ボクたちは慣れないのでおばちゃんに取ってもらい、何度かおかわりをして長居しました(安く長く楽しめる!)。
やきいもと大学いもが、またうまい。やきいもは芋によって数種類。おばさんに聞いて食べるといいですが、焼きたてのホクホクのうまいこと!

他にもおにぎり売ってたり、牛乳売ってたり、ジュース売ってたり、アイス売ってたり、ところてん売ってたり、花売ってたり、と、元々の駄菓子屋な雰囲気がちゃんと残っている店でした。

おばさんたちも親切で、居心地が実によい。こういう雰囲気を喜んでくれる相手とぜひ行ってみてください。楽しいっす。
posted by さとなお at 23:42| 和食(鍋・おでんなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする