2006年03月29日

いとう:海心(西麻布)

>沖縄そばは「首里そば」と「てんtoてん」がダントツに好きでしたが、ここにきて「淡すい」と「安珍」が加わって、また沖縄行きが楽しみになりました。

「首里そば」と「てんtoてん」は、以前さとなおさんのサイトで見て行ってきました。特に「てんtoてん」は(場所がたいへん分かりにくいんですが)、完成度が高く印象に残っています。そんな店と肩を並べる「淡すい」と「安珍」もぜひ行ってみたいですね。できたら暑くならないうちに(笑。

今日は久しぶりに鮨の新店「海心」。昨年暮れに西麻布でオープンです。
西麻布には、「拓」「まさ」「たか」「真」「廣瀬」「和心」「ゆう田」「笄鮨」「鮨寛」「小笹すし」「こむろ家」と、鮨店が密集しつつありますが、どーもイマイチ決め手に欠ける店ばかり。また行ってみようかなと思う店が少ないわりに、価格だけはどんどん上昇気流に乗って銀座化してます(汗)。
そんな中で「海心」は、にぎりこそ好みとは全く違うんだけど、とってもいい店で久しぶりにホッとしました。

店主をL字に囲んで10席。裏方とサービスは奥さん担当の二人三脚。おすしと酒が好きな人を純粋に満足させたい、という真摯な姿勢がストレートに出ていて、すがすがしい空間です。食事の好みや酒の趣向などを鑑みながら客によって出すものを変えているところなんかも面白いと思ったし、少ないながら日本酒の品揃えも工夫されていて、料理人としてのこだわりを感じました。

親方と酒談義をしながら、つまみを美味しくいただいたんですが、にぎりは、飯が柔らかく酢も薄く温度も一定しておらず、あまりバランスのいいものではありませんでした。ただ、親方の人柄やセンスは悪くない感じなので、これからどんどん変わって行くんじゃないかなと、「しみづ」がオープンして間なしのころと同じ感慨を少し持ちました。

現在はさとなおさんの同業の方々が席を占める(笑)つまみ系の店ですが、弱冠32歳とお若いので何度か顔を出しそんな話もしてみたい気がします。

posted by 伊藤章良 at 16:13| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする