2010年06月19日

さとなお:香食楽 -kakura-(中目黒)

「極楽おいしい二泊三日」へのコメント、ありがとうございます。
全15都市、「初心者がその街を二泊三日で訪れる」ということを想定して書いた本なので、店の選択には賛否あると思います。まぁそれを気にしてたらああいう本なんて出せないので、賛否の議論も含めてお楽しみ下さい。

それにしても、この本の執筆過程で本当にたくさんの店、そして人と出会えました。日本全国に知り合いがいる気分(笑)。いろんな意味で大赤字な本なのですが、その甲斐あったと思います。

ところで「葡呑」
読んで笑ってしまいました。前々回に書いた「民酒党」に行ったその夜、二軒目に行ったのが「葡呑」だったのです。「民主党」のあとに「葡呑」を取り上げる伊藤さん。気が合うというかなんというか…。そう、あの店、雰囲気も味もとてもいいですが、女将(ソムリエール)も実にいいですね。すぐ近くの店の有名なソムリエールとまた違う魅力。ちょっと素っ気なさそうな外見と裏腹なよく気がつくサービスが素晴らしいです。

さて、「民酒党」「葡呑」と続いたので、ボクも凝った店名の店を。
中目黒の薬膳カレー専門店「香食楽」です。かくら、と読みます。香(か)食(く)楽(ら)、ですね。

店名も含めてちょっと懲りすぎな感もあるのですが、なんとなく最近多い「カフェ+ロハス+ヘルシー+オーガニック+人の役に立つ」みたいな流れを汲んでいて、これからこういうタイプもっともっと増えるんだろうなということを含めて書いてみます。

基本のカレーは4つのルー。
鶏ダシの「かくらカレー」、同じく鶏ダシの「美肌カレー」(かくらカレーにコラーゲンをプラス)、鶏・豚ダシの「黒カレー」、昆布・干し椎茸ダシの「ベジカレー」。それぞれメニューに効能蘊蓄が書いてあり、朝鮮人参や肉桂や陳皮や生姜や各種野菜など、いろいろ溶け込んでいるカレーのようです。ご飯は薬飯(八穀米)、辛味を足すのは手作りの「かくラー油」、トッピングは鶏や豚や各種野菜が選べる、など、かなりヘルシー志向。

まぁなんというか、懲りすぎなんですね(笑)
ボクはこういうヘルシーさに異様に凝った20代後半を経て(その時期、本格的な玄米正食&ベジタリアンをやった)、その後は逆に「懲りすぎはイヤ」「ニコニコ食べれば何でもカラダにいい」という考えに至っているので、こういう感じには警戒感が先に立つのだけど、ただ、この店には必要以上のストイックさが漂ってないんですね。開放的なヘルシーさとでも言うか、なんか肩の力が抜けている。そこが好ましいと思いました。

結局、どれを選べばいいかわからず、4種類のルーを全部味わえるプレートにして、豚と野菜をトッピングにしたんだけど、結果的に言うとこれは失敗(笑)。
大きな素焼きプレートにルーが入った4つの小鉢、そして大量の野菜(トッピング)、ご飯は載りきらなかったので別皿、という、かなり豪華なテーブル上になったんだけど、4種類のルーが少なすぎ、逆にトッピングが大量すぎて、カレーとトッピングとご飯を別々に食べざるを得なかったんです。カレーと具とご飯を一緒に食べないとカレーを食べてる気がしない。その点が不満。

ただ、ルーはそれぞれおいしかったので、要するにオーダーミスなのかなと思いました。
4種類食べられるヤツではなく、ベジカレー一品か、ハーフ&ハーフがいいかもしれません(ボクは「ベジカレー」のルーが一番気にいったので)。ベジカレーのルー、スパイスがたっぷり効いていて後味がとてもいい逸品。

中目黒の線路の南側、郵便局がある商店街(「イカロ」がある商店街)をずぅっと奥のほうまで歩いて行った左側にあります。あの辺、小洒落た店が増えて楽しいですね。そういえば静岡おでんの店もあったなぁ。今度行ってみよう。

ちなみに、ボクは夜に行ったのだけど、ランチはまた少し違うメニューのようで、日替わりも含めていろいろありそうです。珈琲、紅茶などはフリーで飲み放題なのもうれしいですね。
posted by さとなお at 18:53| カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする