2010年05月27日

いとう:トラットリア・イルフィーゴ・インゴルド(六本木)

>これ、「あらこ」と読みます。

あらこ、ですか・・・。
普通に読むと「あんらく○」みたいに読めちゃいますよね。
ま、それはそれで居酒屋の到達点みたいではありますが。

九州の白身魚は、マグロ偏重の東京と異なり頭一つ抜きん出ているような印象。白身や光モノの好きなぼくにはうらやましい限りです。本にまとまるのも(ぼくを含め全ての出張族が)楽しみにしています。

さてぼくは、同じくお店の名前を話題にした流れをくみつつ(笑)、めちゃくちゃ覚えにくい店名のイタリア料理店にします。「トラットリア・イルフィーゴ・インゴルド」です。

ここは、いまや超人気店「トラットリア・デッラ・ランテルナ・マジカ」が、白金台に出した、こちらも最近全く予約が取れなくなってしまった「アンティーカ・ヴィネリア・ジュリアーノ」に引き続いて展開する3店舗目。

「ランテルナ・マジカ」は、いわゆるトウキョウイタリアンとは対極にありボナセーラ系とも言われる、「イル・ボッカローネ」や「ビスポッチャ」を生み出した株式会社オライアン出身のメンバーで構成されていますが、「イルフィーゴ・インゴルド」も、店長・シェフともどもオライアン出身とのこと。しかも店長は、イタリアでサービスの学校に通ったり現地のレストランでサービスの経験を積んだりと8年間修業をしてきたツワモノかつイケメン。シェフも料理人というよりは役者風の容貌。オジサンにとっては肩身が狭くなるぐらい女子率が高く、あちこちで嬌声が上がっています。インゴルトで「隠語るどぉー」と意気込んで行ったんですが、あまりハシタナイ話はできにくい雰囲気。

でもね。ここは男子も行くべしです。
「ランテルナ・マジカ」はオープン当初に紹介をした経緯があり、「アンティーカ・ヴィネリア・ジュリアーノ」にも足を運びましたが、その2店舗よりさらに進化しつつも、個人的感覚では何割かお財布にも優しい感じ。

ワインのチョイスを概ねスタッフに頼みトータル5本飲みましたが、ほとんど全て3000円台前半の価格設定。それでいて、軽いものから徐々にしっかりとしたタイプへとの流れも作ってくださり充分満足。加えてこの系列店名物、食後酒のワゴンサービス。ぼくはレモンチェッロ(@500円)にしましたが、コレが清涼感抜群で甘みとキレのバランスも最高のすばらしさ。

お酒の話から入って恐縮ですが、トラットリアならではのキラクさとボリュームのある料理も「特に男子」に魅力的。テーブル各人に対する取り分けや皿の量の加減も気軽に応じていただけるし、スタンダードメニューとその日の特別メニューとの違いが際立っていてチョイスしやすいところも嬉しいです。

また、さとなおさんが「安楽子」にて「カウンター上の冷蔵ケースの中がキレイで、どの魚も実においしそう。」と書いておられたごとく、「イルフィーゴ・インゴルド」では、本日の魚をワゴンに乗せてプレゼンテーション。一昔前はこんな料理店もけっこうあったんですが、最近はほとんどお目にかかることがなく新鮮。そして魚の色艶も新鮮そのものでした。

なお、付け加えるとデザートもワゴンサービスなんです。イタリア8年の店長が「手前味噌ですが、ここのティラミスよりうまいティラミスを食べたことがない」と言い切るように、デザートの充実ぶりも甘党男子には眼が離せません(笑。
posted by 伊藤章良 at 19:18| イタリアン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする