2010年05月23日

さとなお:安楽子(長崎)

「婁熊東京」・・・これは読めないですね(笑)
「る」で始まる店名にしたいなら「瑠璃」とか「塁」とか「類人猿」とかいろいろあるだろうに。ここまで読めなくしたということは、逆にクチコミ狙いなのかなぁ。「この店の読み方、知ってる?」みたいな。まぁ単純になにかの思い出とか由来があるのかもですね。

それでは、読みにくいシリーズ&長崎を続けて「安楽子」を書いてみます。
九州は長崎市内にある古い居酒屋というか大衆割烹ですね。

これ、「あらこ」と読みます。
カウンター横に店名を書いた書が飾ってあるので、なにか由来があるのかもと「なんで『安楽子』という店名なんですか?」と女将さんに訊いたら、なにやら遠い目をして「説明すると長くなりすぎるからねぇ…」と軽くスルーされてしまいました(笑)

ここ、居酒屋としては名店の部類に入ると思います。
古びていい味になったタイプの居酒屋で、くすんだカウンターに座っていると思わず時間を忘れる感じ。こういう地元密着型の古い店に行くのは地方を旅する醍醐味ですね。

カウンター上の冷蔵ケースの中がキレイで、どの魚も実においしそう。仕入れと下ごしらえがいいのがすぐわかる感じ。実際に食べてもその印象は変わらなかったです。ここの魚はうまいなぁ。長崎の魚のレベルがいかに高いか、こういう大衆居酒屋に行くとよくわかります。

先月行ったのですが、ヒラス(ひらまさ)、ヒラメ、イワシ、タコ、アジなどどれも絶品だったし、ネギヌタやたいらぎの炙りも実にうまかったっす。

オヤジが似合う古いタイプの居酒屋なので若者は多少入りにくいかもしれないし、女将さんの物言いもちょいと厳しい&せっかちなので、ある程度の年齢が必要な店かもしれないけど、こういう雰囲気が好きな人にはたまらない店でしょう。

敢えて言えば、カウンター内の液晶テレビがうるさいのが玉に瑕。でもまぁそれもご愛敬。16時30分からやっているので、旅人なら早めの空いた時間を狙うのがいいかも。18時とか19時とかはかなり混むらしいです。
posted by さとなお at 17:39| 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする