2010年03月22日

さとなお:はし本(六本木)

鴨といえば、先週、白金の「ロマンティコ」で食べた鴨、うまかったなぁ…。
火加減が上手なシェフが作る鴨は絶品ですね。「カンテサンス」もまた行きたいな。「フロリレージュ」はまだ行けてませんが、そのうち縁があるでしょうか。

ということで、鴨を続けます。
もう春なので鍋はどうかと思いつつ、鴨鍋を。

鴨鍋って、なんというか、蕎麦屋とかで(たとえば銀座「よし田」とかで)、蕎麦を喰いに行ったけど肴で飲んでるうちに小腹が空いてきたから最後にちょいともらうか、みたいな程度がちょうどいい料理だと思うんですよね。蕎麦屋で鴨鍋食べるの好きです。最初は「もり」を食べるつもりで入ったのに、いつの間にか鴨鍋なんか頼んじゃってる、みたいな展開が好き。

でも、もちろん鴨鍋専門でいい店もいくつもあります。
今日ご紹介する店もそのうちのひとつ。後輩たちとの宴会で行った鴨鍋専門店なんだけど、鴨鍋、そして雑炊になかなか唸りました。六本木の「はし本」です。

六本木ミッドタウンの南側、大きな提灯が目印の小さな店。靴を脱いで上がると掘り炬燵の小上がりとカウンターのみ。民家風の古い設え。こぢんまりした古い居酒屋という趣の店ですね。

ここの鴨鍋は「つくね」が抜群です。
丸くなくて四角いつくね。軟骨のコリコリをちょうどよく残してありうまいうまい。つくねをお代わりしたかったなぁ。ダシは醤油味で濃い目(雑炊のころにはかなーり濃くなる)。すべてお母さんがやってくれるので任せておけば絶品の合鴨肉にもありつけます。そして、青いのはたっぷりの小松菜(それと万能ネギ)。小松菜って鴨ダシに合うなぁ。うま。
そして〆の雑炊。この頃にはかなり濃いダシになっているんだけど、これがご飯に染みこんでとてもいいです。

鴨鍋の前にも前菜がちょこちょこ出ますが、茶碗蒸し風の一品がうまかったな。ご主人の腕の確かさを感じます。
ちなみにここのご主人、橋本邦彦さんは1995年2月に「料理の鉄人」で陳建一と戦ってます(テーマは里芋。なぜ?)。だからなんだ、ってことはないけど、まぁ名刺代わりとしてはいいですね。

春夏秋冬、一年中、この鴨鍋(店の名刺に「春夏秋冬 かも鍋専科」と書いてある)。
前回ご紹介した「みよし」もそうだけど、意外と暑い時季に汗かきながら鴨鍋食べるのっておいしいですよね。「鳥栄」と違って冷房もあるし(笑)、ぜひご一緒しましょう。


posted by さとなお at 08:46| とり料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。