2010年02月28日

さとなお:同源楼(赤坂)

>それが、本格的な陳麻婆豆腐の出店などを経て、
>いわゆるリアルな四川料理も日本に入ってくるようになりました。
>回鍋肉やエビチリといった料理も、
>普段食べているものと本場のレシピとは異なるんだ、
>ということも分かりました。

ですねー。陳麻婆の出店から10年くらいですか。いわゆる「麻味(マーウェイ):唐辛子の辛み(辣味)と違う、花椒の辛み」を利かせた店が一気に増えました。十年ひと昔。以前の状況がウソのようです。

とはいえ陳建民的な味の四川料理を「本格ではない」と排除する流れは好きではありません。
個人的には花椒の痺れは好きですが、陳建民の繊細なアレンジも偉大だと思っています。それと、ボクは本場に行ったことがないので本場の麻味のバランスがわかりませんが、最近では麻味を利かせすぎな店、多くないですか? ちょっとかけすぎと思うことも多いです。

じゃ、ボクも四川料理を。
赤坂を彷徨っていて通りがかりで入った店、四川料理「同源楼」です。家に帰って検索するまで知りませんでしたが、人気店なんですね。確かにおいしいし安いしなかなかいい。

ビルの2階にあって、1階がよりによって「陳麻家」なのでそちらに吸い込まれる人も多いみたいですが、いろんな意味でこちらの方がいいかも。

というのも、麻婆豆腐以外の料理がとてもいいから。
麻味を利かせすぎておらず、全体にバランスがいい料理が多いです。四川料理ってメニュー名がよく覚えられないんだけど、「辣子鶏」と「旬の魚の四川香り熱油仕立」は見た目がインパクト強いメニュー(唐辛子だらけで出てきます)。でも実際の味は辛みが程よく押さえてあり、とてもいいバランス。

芝エビと蒸したジャガイモを炒めて和えた「蝦仁土豆泥」(←うまかったのでこれだけ漢字で覚えた)は全く辛くない一品で、痺れた舌をさますのにいいです。「クレソンと香菜の四川風サラダ」もうまかったな。辣油にどっぷり浸かった「茹で豚」、「トリッパの葱・香菜・辛味和え」など、どれもおいしいものでした。

ここで時間切れ(遅い時間に行ったので)、だから〆に辿り着かなかったけど、「醤油チャーハン」「担々麺」「土鍋麺」もとてもうまそうでした。次回はもっと時間を計算して食べよう。

サービスは「いかにも中国」で、無愛想なもの。まぁでかい液晶テレビが壁にかかっているカジュアルな店なので、サービスに誰も期待しないでしょうし問題なし。

なにより安いので、出店時の満足度はとても高くなります。赤坂って意外と店に迷うのだけど、いい候補を手に入れることが出来ました(人気店らしいので予約必かもですが)。
posted by さとなお at 10:11| 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする