2010年02月04日

いとう:づゅる麺池田(目黒)

>なぜ仙台で伊勢うどん?(もしくは山形の麦切り?)とは思いつつ、
>お腹も減っていたので飛び込みました。「阿吽」。あうん、ですね。

ツイッターでの経緯は読んでいましたが、ホントに行かれるとは(笑。で、しかも当たりだったんですよね。食にはとてもツキのある人だと改めて感心しました。

同じ東北エリアの蕎麦ならまだしも伊勢うどんをやっておられるというのは希少かつ貴重。ま、いずれの麺も東京ではほとんどお目にかかることができないないので、大正解ですよね。

ということで、ぼくも麺繋がりにしてみます。「づゅる麺池田」、蕎麦でもうどんでもなくラーメンですが・・・。

ぼくはラーメンをよく食べる方ですし、つい先日も食事をご一緒した大崎裕史氏をはじめラーメンキングと言われる方々とも比較的知己の間柄で、いろいろと教えていただける幸せな立場にあります。また、知らない土地やどこで食べようか迷ったときなどには、すぐに携帯サイト「超ラーメンナビ」にアクセスし最寄りの名店を教えてもらっていました。

ただ、個人的な意見として誤解を恐れず言いますと、昨今のラーメンって塩辛すぎません?。関西人なので塩には人一倍敏感なところもあるとは自覚があります。それにしても、名店と言われる「麺屋武蔵」や「ひるがお」等も、食べているときはそれほど感じませんが食べ終わった後の強烈な喉の乾きには正直閉口。身体に悪いものを食したような気になって若干落ち込んだりもします。

先日も、最近とても勢力を伸ばしている大阪王将系列の「太陽のトマト麺」を食べたんですが、トマトソースをベースにしているにもかかわらずスープが塩辛すぎて、ほとんど飲むことができませんでした。

目黒の「づゅる麺池田」は、そういったドンドン味が濃く塩辛く複雑になっていくラーメンのトレンドに対し一石を投じるような、できるだけ塩辛くならずに(といってもまったく塩辛くないわけではないけど)おいしくスープを最後まで食べさせる点に、特徴と個性があると思っています。

もちろんスープの味自体もかなりマイルドにストレートに調えてあります。加えて、つけ麺にはレモンを添え、レモンを絞ることによって塩を抑えたことに対する物足りなさを緩和するよう工夫されています。

店内での接客もとてもきめ細やかで、ラーメンだけではなくお店トータルとしても角のない優しい印象を受けます。すでに行列店ではありますが、特に女性や年配の方にもオススメできる数少ないラーメン店かなあと思っています。


posted by 伊藤章良 at 23:32| ラーメン・餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。