2009年12月26日

いとう:欣圖軒(香港)

>で、この「浄水ろくしき」ですが、ここ、博多の居酒屋としては
>かなり薄味です。

おー、個人的には東京でも薄味の日本料理店と出会うことは稀少なので、とても興味あります。というか時代のせいもありますが、最近パタンと地方への出張が減りました。出張できるから今の仕事を選んだ(笑)みたいなトコロもあるのに、なんだかつらいなあ。

特に今の時期、日本海を泳いでくる魚は最高ですね。博多は南国と日本海側のよさを双方持っているところが特にすばらしいとは、よく聞きますよね。

さて、ぼくは最近ほとんど東京から出ることはないのですが、さとなおさんもご指摘の通り割と海外には行っているので(笑)、一気に飛んで香港の店を紹介します。

11月のはじめに香港に食べに行って改めて認識したのは、さすがに香港は中国大陸の玄関口だなということ。誤解恐れず言えば、北京で食べる北京ダックより上海でがっつく上海蟹より、そのいずれも香港で食べる方がウマイ。青森でマグロを食すより東京の方がおいしい、みたいな論旨です。

個人的には、旅行をすればその地のモノそこから発祥した料理を食べたいと思うので、今回も香港で北京ダックを注文するには多少躊躇したんですが、やはりオーダーして正解でした。

ぼくが食べたのは、広東料理の名店「欣圖軒(ヤントーヒン)」。たぶん香港で一番窓からの夜景が美しいとも言われる、九龍のインターコンチネンタルホテル内にあります。昔からの香港ファンは、ここは以前リージェントホテルの「麗晶軒」だったといえば思い出す方もおられるかも(実際に自分もそうでしたし)。

「麗晶軒」時代から北京ダックもよく知られていましたが、席についてメニューを開くまで実は普通に広東料理を何品か頼もうと思っていたんです。でも、前菜、魚介、肉・・・、と選んでも少人数では沢山食べられるわけでもないし、メニューには要予約と書いてあるものの、サービススタッフに尋ねてみると厨房に聞きに行ってくれて即刻OK。

「欣圖軒」の北京ダックは、一般的にイメージされる脂っこくて皮が口の中でとろけるというよりは、しっかりと食感も香りもありつつ脂は軽くていくらでも口に運べる感じ。店のスタッフが伝えてきた人数前の2倍は食べたけど、まったく胃がもたれることもありませんでした。

価格的には豪華ディナーの部類に入るので、滞在中はココという時にぜひ選ぶべき一軒です。特に「欣圖軒」の上のラウンジは、香港有数の美しい眺めを誇るバー。食後の時間帯にはあまりに混み合うので、夕方から日が沈むぐらいの食前での利用も面白いかもしれません。

「欣圖軒」も海には向いているんですが、ホテルのメインダイニングのはずが最高の場所ではなく、なんと同じホテル内にある和食の「NOBU」の方がいいポジションを取っているのが、なんとなく日本人として皮肉っぽく思いました。

なお、「欣圖軒」は日本語のサイトから、テーブルの予約はもちろん北京ダック等の予約もできるのでぜひご利用のほど。

余談ですが、今回ミシュランの香港マカオ版で中国料理で唯一三ツ星を取った「龍景軒」にも行ったんですが、「欣圖軒」の方がいい意味で中国らしい雑然さも兼ね備えていて断然オススメです。
posted by 伊藤章良 at 23:57| 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする