2009年11月30日

いとう:龍圓(浅草)

「メゾン・ド・スリジェ」、あの場所はクリーニング店だったんですか。だとすると、場所的にはあまり流行ってなかった(笑)でしょうね。フランス料理店の方がずっとピッタリきます。ダイニングのある2階の山小屋風雰囲気はとても好きですね。個人的にはチョットほっとかれた感があって寂しかったですが、ぼくが行った当時とはサービススタッフも変わっているのかもしれません。

さて、フランス料理店のいい流れになってるし、2009年は不況のどん底ながらフランス料理店の新規オープンラッシュなのでぼくももう一軒と思ったものの、ここは「さなメモ 11/30」との連動企画(笑)とでもいいますか、中国料理の「龍圓」を取り上げてみたいと思います。

「龍圓」
の場所は浅草は国際通り沿い。つくばエクスプレスの浅草駅からすぐのトコロにある、ご家族経営の小さな中国料理店。通りがかって一見すると、浅草ということもあり八宝菜や酢豚といった定番メニューを出すニッポンの中華料理にもとられがち。

ところが実は、素材集めから真剣にこだわり、常に日本の他店(中国料理に留まらず)や香港等の現場から研鑽を積んでいるシェフが、繊細で身体に優しい料理を提供する名店。もしフラッと通りすがりで「龍圓」に入ることがあったとしても、皿が進むたびにお客様の中国料理に対する概念を変えていく、そんなパワーを秘めています。

また、シェフのさまざまな他流試合の経験から、コース料理をおまかせで注文すると、かに玉にトリュフを使ったり春雨にうにを絡めたりと、香港ならミシュラン三ツ星でも取れそうなヌーボー系も楽しむことができます。もちろん、麺や炒飯といった中華料理の定番もキチンとメニューに掲載されていて、その丁寧な職人技に感服。

さらに特筆すべき、といいますかとても驚いたのは、ダイニングが全面禁煙なこと。浅草という土地柄で反発も多いかと想像するも、禁煙という英断が、よりいっそう料理をおいしく食べて欲しい、とのシェフの強い気持ちの表れと確信。いち客として大変助かっています。

なお、人数の多いお客様用に2階にもダイニングフロアがあって、ちょっとした宴席にも便利。2階でもいただいたことがあるんですが、細長いスペースながら、なかなか寛げる環境でした。

posted by 伊藤章良 at 17:18| 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする