2009年10月22日

いとう:サルキッチン(東中野)

>ここでは東京でも意外と置いていない「フリュイ・ド・メール」が
>食べられます。

さとなおさんが、さなメモに「フリュイ・ド・メール」の思い出を書いておられましたが、ぼくも30年近く前にフランスで同様の体験をしました。でもぼくが訪問したその店は今三ツ星になっているんですよ。

そんな話を久しぶりにうかがって、「ブラッスリー・マノワ」に行きたくなりました。あの店は東京のレストランシーンにおいては決してサラブレッドではないけど、店全体からとてもフランスのエスプリが香りますね。きっとオーナーの志向がすばらしいのでしょう。

ではぼくも、ちょっとマニアックなフランス料理店「サルキッチン」を。
こちらは東中野というフレンチにしては異色のエリアで駅からも少し距離があるんですが(道中の渋いモツ焼屋とかに吸い寄せられそうになります)、路面店ではなく、住宅街の方向に曲がると正面に大きなサインが見えて、登場感はなかなか堂々たるものです。

ダイニングはとても狭く4組分のテーブルと椅子でめいっぱい。さらにテーブルのサイズも小ぶりなので前に座った友人の顔が近すぎる(笑。でも、この狭さとギシギシする木造りの感覚は、サンジェルマンデプレあたりのギュウギュウ詰めのビストロを思い出し、決して不快な感じではありません。

こんな「サルキッチン」を、シェフとマダムのお2人で切り盛りされており、どうやって4〜5組の客を待たせずに回していこうかと工夫された結果が若干フシギなメニューとなってます。

アラカルトを選択すると、全ての皿が2人分の量なので2人で2〜3皿ご注文くださいとのこと。であれば、できるだけいろいろな種類の料理を食べてみたいゆえトライするアラカルトの意味はないよなー、というのが当日の仲間との結論。

ゆえに、例によってマダムの推奨以上の皿数をなんとかお願いしてみることに。

結果、当初のかたくななマダムの語り口に反して、2種の料理を一皿に盛ってくれたり、煮込み料理は個別に出していただいたり、シェフが直接厨房から運んできたりと、とてもきめ細かい対応に感激。しかも、ビストロ料理と思いきや、丁寧に仕込み手間をかけて調理された本格フレンチで、それぞれの料理を口に運ぶごとにウナリました。

確かに時間はかかるんですが、ワインのラインナップがなかなかすばらしく安価なので、久しぶりに会う友とゆっくりワインを飲みながら気長に料理を待つつもりで訪問すれば、ぴったりとハマルこと間違いないですね。

なお、「サルキッチン」を検索すると様々な人が書いていますが、トイレがとても面白い。食事中に恐縮なんだけど、トイレに行って戻ってくると、その話題だけでも次の料理までの時間を十分に稼げそうです。


posted by 伊藤章良 at 17:23| フレンチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。