2009年09月24日

いとう:ラール・エ・ラ・マニエール(銀座)

>恵比寿にある「JENITH GUSTRO」(ジェニス・ガストロ)

おっ。渋い路線ですねえ。さなメモで「フォアグラたこ焼き」を取り上げていたので、ジェニスに行かれたんだと思っておりました。楽しい、ウマくて量が多い、ワインが安価と、イイコトづくめ。若干煙いのがつらいぐらいで(笑。

>ボクたちの年代でもそんなに違和感なく馴染めますね

確かに同感です。というか、料理店・バーだけではなく、クリエイティブ系の事務所も多いあのビル全体がそんな印象。誤解を恐れず言えば、今は無き原宿セントラルアパートの小型版みたいな感じかなあ。

さて、ぼくはフランス料理つながりにします。ただ、ビストロというよりは、銀座の高級フレンチ「ラール・エ・ラ・マニエール」

最近、ソムリエやサービスがオーナーのレストランがポツポツと増えてきました。代表格としては「オーグードゥジュール」や「シュマン」ですが、イタリア料理の「ラ・バリック」や、広尾の「レヴェランス」、渋谷の「ビオディナミコ」など(ここここにも書きましたが)、一覧してもフロアと厨房の力が上手に結実した秀逸な店ばかり(ただ、優秀なシェフの流出は否めず、若干残念なトコロもありますが)。

オーナーシェフの作った料理がただ運ばれてくるだけのレストランよりも2倍おいしいはず、と個人的にも信じていて、今回取り上げる「ラール・エ・ラ・マニエール」もまた、オーナーソムリエのレストランゆえ期待度は◎。

「ラール・エ・ラ・マニエール」は、銀座にある新築ビルの地下。サインも小さくしか出ていないので見過ごしてしまいそう。ダイニングは意外と狭く小ぢんまりとしていますが、銀座らしい気品と客層の猥雑さが相まってイカニモな感じ。地下にあったころの「オストラル」を少し思い起こさせます。

オーナーソムリエの吉岡氏は、「サンス・エ・サヴール」にてソムリエを勤められたとのことで、「レヴェランス」のオーナー亀山氏からは先輩格ながら、自分の店のオープン前には「レヴェランス」を何度か訪れたと聞きました(ちなみにカトラリーが一部同じだったりします)。

シェフはフランスの三ツ星店で修業後、ダイレクトに「ラール・エ・ラ・マニエール」へとやって来たらしく、まだまだ手探り状態。ということもあってか、料理はハヤリの、というか白紙のメニューで、その日の仕入れによって多皿のコースが構成されます。

期待した料理の仕上りは、2人のイメージを結集したというより厨房からの一方通行な感じを受けました。ただ、今後は時間帯も含めてアラカルトも充実させていくとのこと。厨房とフロアの意見交換やコミュニケーションが充実してきたあたりで再訪してみたいです。

ちなみに、ワインは本当にすばらしかった。大量のワインをさばいているひらまつグループで鍛えられた底力を体感しました。


posted by 伊藤章良 at 17:29| フレンチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。