2006年01月30日

いとう:諒(麻布十番)

北千住「おおはし」、とてもいいところらしいですね。いろいろな方から行くようにとすすめられていながら未訪。とても残念です。リニューアルしてもそのよさは変わらないと聞きました。

>でも相変わらず「牛にこみ」はうまかったです。

煮込み、絶品らしいですね。
「酔わせて下町」師匠によると、東京三大にこみだそうです。
(月島 岸田屋、森下 山利喜とともに)

>あそこはなんでも400円前後で食べられる上に名物「梅割り」がうまいですよね。いわゆるキンミヤ(金色の宮の字なので)と呼ばれる焼酎「亀甲宮」の梅シロップ割り。なんだか怪しくて好きです。

キンミヤは三重県産なのに関西ではなく東京でよく飲まれているのがナゾ。
キンミヤの焼酎ではありませんが、立石の「宇ち多」でも梅シロップ割り(というか一滴垂らすだけですけど)が飲めます。それにヒントを得て、とあるすごいバーテンダーが「EDOマティーニ」というオリジナルカクテルを考案したらしいです。
それにしても、怪しい飲み物は、口当たりもいいし安価だし旨いんですが、翌朝が・・・。

今日はカニ料理の「諒」
東京でカニ専門店に行くことってほとんど皆無に近いのですが(記憶にあるのは新橋の「蟹銀」、銀座の「江島」ぐらい。どちらも高いですけど)、新年会ということで年明けに行ってきました。というのも、ふぐやカニは東京で食べる場合の割高感は否めず、関西で食べるにこしたことはないと思ってしまうのです。

「諒」も、麻布十番の駅からすぐの場所にあり、交通至便でいい感じの店構えなんですが、どうも足か向かず一度も訪問したことがありませんでした。ところが、そんな意に反し、なかなかの良店で値段的にも満足できるコースをいただきました。

産地はどこか確認できませんでしたが、新鮮なズワイガニ、タラバガニをそれぞれ、刺身、焼、蒸、しゃぶしゃぶと、試してみたい最良のパターンで味わえます。また、カニ料理といえば(誰もが思う)「会話が途切れる」という問題点があります。でも、店側もその辺を考慮してか、身を取る作業に没頭する時間があまりできないよう、少量ずつタイミングよくサーブしてくださるので、座がしらけることもなく楽しい新年会となりました。

「諒」は、表から見る雰囲気ほど中は広くなくこぢんまりとしています。それもまた蟹一筋の心意気が見えて(いいカニを仕入れようと思ったら、そんなに大量にはないはずなので)好感が持てました。


posted by 伊藤章良 at 13:29| 和食(小料理・割烹・郷土料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。