2009年06月30日

いとう:わさ(都立大学)

>下北沢の「七草」を書きましょう。

「七草」は、何度かトライしようと思うものの、予約が取れなかったり急に予定が変わったりと、想いは募れど縁の薄い店でした。
でもさとなおさんの文章を読んでいて、また行きたい気持ちが湧いてきたなあ。優しい野菜料理をたくさん食べて脂の抜けたいい感じの熟年を目指したいですね。といいつつ、地酒のラインナップにも超注目なんでありますが。

さて、当初は野菜料理の店を紹介しようと思っていたものの、もう一度だけ唐揚げの店を書いてもいい?(しつこい?)。私鉄沿線駅から遠く住宅街の中にある店つながりでもオッケーですけど(笑。

中国料理の「わさ」。最寄り駅は東横線都立大学なんですが、徒歩15分ぐらいはかかるかなあ。土地勘のない人は道中ほとんど飲食店もないし最大に不安になります。やっと見つけても、看板のランプすらついていなくて、「ほんとうにココか?」「営業しているの?」と不安になりつつ店内へ。

厨房を囲むようなL字のカウンターと4名がけのテーブルが2卓のシンプルなダイニング(元々は鮨屋だったらしい)。表の電気を付け忘れるぐらいに料理とお客様に集中している店主と、おだやかな接客が魅力の美しい奥様のお2人から、瞠目すべき高水準の中国(おもに四川)料理が、これでもかと登場。それに釣られてとめどなく料理を注文してしまい、帰りは都立大の駅まで歩く気力もうせるほど満腹。結局、店の前からバスに乗って山手線の駅まで移動しました。

今年2009年は、なぜか個人的には飲食店の当たり年のような気がします。昨年暮れぐらいから今までにオープンした店には、これからもずっと生涯通いたいなあと思わせるところがかなり多いんですね。
(もしかすると自分の年齢的なこともあるかもしれませんが)

ここ「わさ」もまさにその一軒。
まず、各皿の香りがすばらしくいいんです。店主曰く「うちはネギの嫌いな人はだめですね」というがごとく、炒めてよし和えてよし載せてよしのネギ(や香草類も)が各料理にふんだんに使われていて、香りと食感が食欲増進のアクセントとなっています。

また、なにげない「海鮮の四川風炒め」は、いわゆる四川の定番料理「魚香」。「魚香茄子」としてナスを使う場合がポピュラーですが、今回はカツオとツブ貝(もちろんお野菜としてナスも使われています)。この海鮮と魚香のソースの絡みが想像を超えるおいしさで、今記憶をよみがえらせても垂涎してしまいそうです。

そして唐揚げ。「わさ」の料理は全部そうですが、食材の作り置きをせず、肉、魚、野菜もすべて、切るところからその過程を目の前で見せます。唐揚げも鶏のカットから始め、粉を絡めてぐつぐつとした油の中に放り込んでフタをする。揚げというよりは油で煮ている感じ。その後、黒くカリッカリになったチキンを、花椒、唐辛子、ネギ、生姜などとともに改めて炒めなおして味を浸透させる・・・。今まで食べた中でも、もっともカリカリなのにジューシーで、辛くて舌がヒリヒリする、蒸し暑い夏の夜には必ず思い出しそうなテイストでした。

シメの麺や炒飯もすばらしいもので、それだけを中心に食べに来ているご近所の方がほとんど。でも今の時代、遠方であろうと条件が厳しくともうまい店を求める客の動きには全く関係がないので、予約の取れない店となるのは時間の問題でしょう。

そんな話を店主としていたら、「混んでしまったら自分の料理ができなくなるのでつらい」と答えていました。ていねいさがウリでもあるので、満席になるとちょっと回すのが大変かなと心配ではあります。

最後に、とてもほほえましかったのが店主の奥様に対する自然な気使い。サービスを担当する奥様とひんぱんに声を掛け合う姿がとてもステキでいい波長をもらいました。ちなみに「わさ」とは奥様の旧姓とのこと。「こんな店名にしてしまったので、一生家内からは逃げられません」とは店主の弁。
posted by 伊藤章良 at 18:02| 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする