2009年06月11日

さとなお:とよ田(自由が丘)

京成押上線方面、伊藤さんよく行ってますよね。
ボクはほとんど足が延びず・・・ある種の聖地として憧れは持っているのですが。そのうち連れて行ってください。

さて、前回、鶏つながりを思いつかず、と、書きましたが、ひとつ思い出しました。

自由が丘にある、ひな鶏唐揚げの店「とよ田」です。

この店、以前あった場所から移転して新しくなり多少広くなったとのこと。行ったことなかったのですが、相当の人気店らしいです。電話予約は受けず、直接来店して待たないと入れないシステム。知り合いのお誘いがなかったらなかなか行けないなぁ(自由が丘という立地も含めて)。

料理は3つのみ。
砂肝、もも、手羽の唐揚げのみです。

正確に言うと、お新香、焼きおにぎり、焼きおにぎり茶漬けもあるんですが、主要なおかずは3つだけです。一緒に行った知り合いが「あ〜! メニューがある〜! あ〜! ご飯系がある〜!」と驚いていました。以前はメニュー自体がなかったようだし、ご飯系も置いてなかったみたいですね。

で、肝心の3つですが、これはさすがにおいしいです。
まず砂肝。素揚げしているのですが、なんというか表面がプリプリしていて中はサクサク。この食感はたまらないですね。単にコリコリした砂肝はどこでも食べられますが、プリサクな砂肝はあんまり経験ないかも。
ひな鶏のもも肉の唐揚げは多少揚げすぎかなと思いましたが、これも充分美味しい。衣を付けずに素揚げしてあります。まぁでも3つの中ではこれが一番普通だったか…。
手羽も素揚げ。時間をかけてじっくり揚げてあり、細い骨はそのままボリボリと食べられます。これが一番うまかったかなぁ。コクがあるのにあっさりしている。何個でも行けそうです。衣がないから脂が少なく、あまりもたれないのもいいですね。

お通しはたまねぎのスライス。あと、鳥スープが最後に出ます。あとお新香をとって焼きおにぎり茶漬けをとって、(もちろんビールをがぶがぶ飲んで)、3〜5000円くらいだったかな。高くないし、おいしいし、なかなかいい店だと思いました。

問題は予約だなぁ。18時には満席になっちゃうようなので、逆に20時くらい(3回転目前後)に行くとそんなに待たずに入れるかもしれません。ボクたちは19時に行って30分くらい待ってしまいました。


posted by さとなお at 06:43| とり料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。