2009年05月20日

いとう:超渡邉(恵比寿)

>伊藤さん、「67餃子」行きましたよ。「アフリ」の横の2号店。

そうですか、早いなあ。ホスピタリティは広尾店同様健在でしたか。それは居心地がよかったでしょう。ぼくは何も知らず考えもせず、てっきり相撲の流れかと思ったんですが、彼らのホスピタリティは彼ら自身からにじみ出るものなんでしょうね。貴重です。

>この店、基本的に博多餃子なんですね。

そのようです。オープン当初のチラシには、確かプロデュースは武蔵丸だけど実際のオペレーションは有名なもつ鍋店「蟻月」やっていると書いてあった記憶があります。
あ、そうか。どおりで炊き餃子もあるんですね。ちゃんと調べずにすみません(汗。博多餃子は小さくて食べやすいんですが、あっという間になくなってしまうので、そこが少し悲しいです。食いしん坊の性でしょうか。

ではぼくも餃子といきたいところですが、ちょっと思い当たらないので、九州料理つながりにします。恵比寿で最近オーブンした鶏天ぷらの店「超渡邉」です。

こちらに伺うまで知らなかったんですが、鶏天ぷらとは大分の料理らしく、衣をつけて揚げた鶏の身を辛子ポン酢で食べる、というのがそのやり方。揚げる・焼く・蒸すなど鶏にはさまざまな料理法があるけど、白くふんわり膨らんだ天ぷらはいかにも日本的な上品さが漂います。

「超渡邉」は鶏天ぷらの店とうたいつつも、ダイニングバーのごとく総花的メニューが気になり一瞬引いたのです。が、実際に揚がったものを食すと相当うまい。特に、見た目から(というか過去の経験値から)もっと弾力があるだろうと想像してガシッと噛んだら、揚げ方の巧みさもあり、ハラリとバラけて身の半分をお皿の上に落としてしまいました。

肉類の天ぷらはどうしても油っぽく、魚介や野菜に比べおいしく食べた記憶があまりなかったのです。ところが「超渡邉」は、鶏の脂の少ない部分を上手に天ぷらにしてあり、衣も軽く肉のレア感も程よくて、いくらでも食べられそうです。ただ、ムネやモモの部分に限るかなあ。ハツやレバー等の内臓天ぷらもありますが、こちらは焼鳥に軍配ですね。

それと、前半にも書いたとおり、こんなウマイ看板の料理があるにもかかわらず、ダイニングバー的な展開が解せません。特に、きらびやかな名前のサラダや色つきの甘いカクテルがゾロゾロ並んでいるメニューを見ていると、なんでかなーと寂しく思います。ま、自分の世代がターゲットではないのかもしれませんが。

入口の看板は純和風で大漁旗のようなのに、店内はこじゃれたダイニング空間。サービスのホスピタリティはとても高いのに客は意に介さず大声で盛り上がっている。と、トータルでもちぐはぐなんです。

ただ、この天ぷらを食べるだけでもぼくの再訪率は高そうです。値段もとても安価だし。



posted by 伊藤章良 at 17:16| とり料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。