2006年01月13日

さとなお:リブ・ゴーシュ(芦屋)

「ボン・ピナール」、良さそうですね。
安くてうまいワインをがぶがぶ飲む、というのは人生の至福のひとつですよね。ついでにメシもうまくて(ジビエだったら尚更)、美女がいて、翌日仕事がなかったら何も言うことはありません。あ、男同士でも不満はありませんので、ぜひそのうちに。

ボクも昔は自分で勉強してワインを買っていたのですが、このごろではすっかりワイン酒屋さん任せになりました。

信頼している店はいくつかありますが、完全に身を任せているのは芦屋(兵庫)の「リブ・ゴーシュ」という小売り店。阪神芦屋駅から歩いてすぐのところにある小さなお店ですが、ボクはここの店長の細谷ソムリエを無条件に信頼しています。すごくよく勉強しているしマジメ。そして本音で勧めてくれる。しかも安くてうまいワインをよく研究している。

芦屋在住時代にすごくよく利用していたということもあって、ボクたち家族の好みもよく知ってくれています。そして彼が好きなワインはボクたちも好き、という「好みの合致」も大きい。

個人サイトのリニューアルの方でも同じようなことを書きましたが、要は「好みが近い人との出会い」こそ、この情報過多過多の世の中で一番大切にすべきことなのです。

ということで、もうお任せっきりで定期的にワインを宅急便してもらったりしています。
我が家の家飲みワインは「リブ・ゴーシュ」のものがほとんど。電話をしあっていろいろ話して仕入れています。言ってみれば「ご用聞き」の酒屋さんみたいなもの。住んでいる地から遠く離れた店がご用聞きの酒屋さん、とは、なかなか面白い時代ですよね。

ちなみにこの「リブ・ゴーシュ」、店の奥の小さなスペースでバルもやってます。
安くてうまいワインがずらっと並んだ店内でちょっとしたつまみと共にワインを楽しむ。まぁ立ち飲みではないけど、角打ちに近いですね。近くにあったらちょくちょく行くのだけどな。

ちなみに東京でもこのごろとても有名になったケーキ屋「アンリ・シャルパンティエ」もこの店の近く。あの店がこんなに全国区で有名になるとはねぇと感慨深いです。阪神芦屋駅を北側に出て、「アンリ・シャルパンティエ」と芦屋警察の間の道を1〜2分上がっていくと、「リブ・ゴーシュ」に着きます。


posted by さとなお at 08:54| バーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。