2008年10月14日

いとう:鳥芳本店(目黒)

>で、勝手に痩せてると決めつけといて

痩せているイメージなんですかねえ・・・。自分じゃないようでフシギです。でも、コックさんでも食雑誌の編集長でも、痩せているとなんとなく説得力ないですから(ビジネスで食と対峙しているみたいな感じかな)、これでイイんです。

>ちなみにオレは太ってないけど?」と聞いたら「あ〜…」と
>言葉を濁されました。

でも、さとなおさんはやっぱり痩せたよなあ。先日お目にかかったとき、スッとぼくの横に立っても最初さとなおさんだと気づきませんでした。長袖のTシャツ着てたし(自分がスリムだと自信がなければ長袖のTシャツは着れまへん)。

>尾道の名店「一口」(ひとくち)。
>瀬戸内の魚介が丁寧においしく揚げられていて、
>満足度が高い店ですね。

そうですか。魚介類の串揚げって大阪や東京の串揚げ店ではおまけみたいな存在なので、それをメインにというのはスゴクおいしそうだなあ。特に瀬戸内の魚はカツにも合いそうだし。

まだまだ食べ損なった逸品もあるようで、次の機会には現場からの「電話」だけではなく、ぜひ事前に声をかけてください(笑。

あ、そういえば先日「ケララの風」に行ってきました。南インドに別荘を持つ友人を引っ張っていったのですが、なかなか現地に近い味でがんばってると高評価(ぼくはオーダーするものすべて、やたらうまかったんですが)。ただ、朝食べるものも昼食べるものもすべて夜にあるので多少違和感を感じるそうです。それを店主にぶつけたらやはり自覚されていて、時間に余裕ができてきたら朝からちゃんと営業したい、と言っておられました。

さて、西の「揚げ(カツ)」に対して東は「焼き」かなと。そこで、目黒の「鳥芳本店」です。

ところで、目黒って比較的焼鳥が多いと思いませんか。例えば権之助坂を少し歩いても何軒かの暖簾が目に入ります。ただ、「笹や」や「鳥しき」といった新興勢力ばかりに気が取られ、つい先日まで「鳥芳本店」は未訪。大後悔でした(笑)。

もちろん「鳥しき」も「笹や」もウマイし好きなんだけど、「鳥芳本店」には、焼鳥にキターという充実感(さとなおさんが時々使うガハハな感じ)に満ち溢れているんですね。

狭いし(キレイとは言えないし)タバコの煙もすごいし、席がツメツメで騒々しくて、座った瞬間からトホホな状況。でも負けてへんでえ〜と注文すると、でかくて程よくジューシーな串がどさどさとやってくる。強めに塩を振り表面をシャキンとさせた絶妙の焼き加減に平凡な酒までもバツグンの喉ごし。タタキ、鳥わさなどの冷たいサイドオーダーも隙がない。

おまけに、先に席を立つヒトの会計を何名か聞いていると、ひとり2千円ぐらいの感じ。いやーいいねえ。と、ばくばく食べていたら、会計は2人で9千円を越えてしまいました。

これで、痩せてて小さいイメージは払拭できましたでしょうか(笑)。


posted by 伊藤章良 at 18:22| とり料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。