2005年12月04日

いとう:さっぽろジンギスカン金の羊(新橋)

「リトル小岩井」「ジャボネ」ほど濃い味付けではないのですね。それは朗報です。ぜひ行ってみたいです。「ジャポネ」も時々食べたくなるのですが、塩がキツすぎて食べた後いつも後悔するので(笑)。

秋葉原の「BUSY BEE」。知りませんでした。インド料理も近ごろはイタリア料理同様、北と南を意識的に分けているところが多いですね。最近(とくにヨドバシカメラができてから)秋葉原から足が遠のいてしまいましたが、わざわざ出かける価値のありそうな店で期待大です。

さて今日は、ブーム以降にできたジンギスカン店のなかでも最高峰と言われている「金の羊」「金の羊」は、札幌で「だるま」と並び称せられる名店「さっぽろジンギスカン」の暖簾分けのようです。詳しくは分からないのですが、肉のメニュー以外に、札幌同様ネコ飯・いなきび飯・キムチ飯があり、最後に残ったタレをジャスミンティーで割って飲むやり方も同じなので、たぶん間違いないと思います。

肉は分厚く切った生ラム。少々細切れカットもありますが、非常に美味で食べ応え十分。やはり東京で増殖を続ける他店とは一線を画する横綱クラス。上に書いたように、肉や野菜以外の北海道料理店としてのサイドメニューも豊富。にしん漬けやいくらのしょうゆ漬けなども美味でした。サービススタッフもとても対応がよく個性的。さすがにここはアディダスのTシャツは着ていません(笑)。

ただ難点もあります。
それは回転が悪いこと。ぼくたちの前には二組しか並んでいないのにもかかわらず、1時間近く待たされました。結局席について分かったんですが、札幌から流れてきたジンギスカンはお腹一杯晩メシを食べ、終わったらさっさと帰るスタイルなのに対し、新橋の「金の羊」は完全に居酒屋状態。肉を食べ終わって鍋や炭を片付けられてもなお、ちびちびお酒を飲みながら粘っているグループが多かったです。これでは店自体もメニューを安価で提供できなくなってくるだろうし、良心的な店の存続が心配になります。

最後に。
長時間並んで、かなり遅くなってから大量(はっきりいって動けなくなるぐらい)食べたのに、翌朝スッキリでした。羊肉は胃にもたれないというのは本当ですね。深夜メシ派にはとてもありがたいです。
posted by 伊藤章良 at 16:18| 焼肉・韓国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする