2018年05月31日

いとう:ひなた(高田馬場)

さとなおさん、現状についての説明、ありがとう。
食べることが何よりも好きな者として想像の範囲をはるかに越える内容で、正直思考停止してしまいました。
口にするものほぼすべてに憂慮しながらの食事は、つらいし不安の連続でしょう。でも、対談やブログを熟読する限り解決の見込みはゼロではないことも分かりました。また一緒に鮨のカウンターに座れる日を待っています。

何か共有できる食事ってないかなとずっと考えていました。
そしてベタですが、まずはとんかつを思いつきました。ソースも果物からできてるし、トン汁を我慢すればOKかなと。
さとなおさんは、京都発祥の「かつくら」を紹介してくださったり、ニュー新橋ビルに「まるや」ができた当初から通ってた記憶もあります。今や一大とんかつチェーンとなりました。

で、もう行かれてるかもしれないけど、高田馬場の「ひなた」を取り上げてみます。この店、定番はとんかつ定食ですが、15時以降では、部位の食べ比べと称して、とんかつ料理の新しい提案を楽しむことができます。
気分は割烹のおまかせコース。小さな皿で次々と料理が出てきますが、すべてとんかつ(笑。最初に切り落とした段階の様々なパーツ(リブロース、ロース、ヒレ、ントロ等)を見せ、その後一つ一つ揚げて、とんかつとして登場。
すべて、塩(トリュフの塩が添えられる部位もあります)とオリーブオイルで食べるのがオススメ。一切れずつ提供されるので、食事途中ではまだまだ食べられるぞと錯覚しますが、最後のソースカツ丼を平らげると、もう動きたくないぐらいお腹いっぱい。一つ一つは軽めといってもさすが揚げ物のオンパレードです。

アルコールも、日本酒が一番合うとのニンマリする提案で、まさにぴったり。欲を言えば銘柄が少ないので、オーナーが広島県出身ゆえ、広島の酒とか豊富に置いていただければと願うぐらいかな。

とんかつは特にロースの場合、赤身と脂身を同じ温度で同じ時間火を入れる調理ゆえ、有名店でも火の通りにくい脂身が生焼けの状態を時々経験します。
「ひなた」でも、リブロースの脂身には、もう少し火を入れてほしいなあと感じました。ただ、コースのラストにトントロ(豚の首のあたりだそうですが、ほとんど脂身)が出て、こちらは脂身にきちんと火が入った仕上がりで実においしくいただきました。

とんかつ定食としての定番はトン汁ですが、もし味噌汁系が心配であれば、焼き豚のスープを選ぶこともできます。

余談ですが、「ひなた」のすぐ近く、というかまさに道中に「青柳」という居酒屋があります。その店の看板に書いてあるキャッチフレーズが「まずい魚」です(笑。
posted by 伊藤章良 at 16:51| 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする