2017年08月31日

さとなお:光楽亭(南馬込)

同姓同名の佐藤尚之さんがやっていた西麻布のポルトガル料理店の跡地!
懐かしすぎます(笑)。
あそこにはいろいろな思い出があるなぁ。。。いい店でしたよね。あの、佐藤さんに腕を見込まれた若いシェフはいまどこにいるだろう? 豚のアレンテージョ風とか、好きだったな。

では、懐かしつながりで。
というか、別にボクが個人的に懐かしいのではなく、「懐かしい匂いがする店」ということで、馬込の環七沿いにある『光楽亭』を紹介したいと思います。西馬込駅からでもかなりあるし、JR大森駅からも歩いて20分くらい。池上からも遠いしなぁ・・・陸の孤島にぽつりとある店です。

ある日、道を歩いていたら、某グルメ雑誌の編集の人とばったり会ったんです。
こんなところで出会うはずのない人なので「あれ〜?」と素っ頓狂な声あげつつ「どしたの?」と訊いたら、「いやいやいや、穴場の名店見つけちゃって」と関係ない話をし出す。

そのとき教えてもらったのが、『光楽亭』なんですね。
大森〜池上〜馬込近辺はそれなりに詳しいんですが、まったく知らず、「マジか!」と思ってすぐ出かけました。

いや、笑っちゃうくらいな穴場でした。
環七沿いではあるけど、開発から取り残されたような店なんです。元々はたばこ屋も兼ねていたみたいで、角地の小さなたばこ屋と合体したような不思議な外観。古いのれんも趣あって、昭和初期の匂いがぷんぷんします。

「行ったことないけど懐かしい」って店、あるじゃないですか。特に街場の中華店で。まさにそんな感じなのです。

カウンター6席のみ。
カウンターの中ではおばあちゃんがひとりで鍋をがしがし振ってます。
痩せて華奢そうに見えるのに、大鍋をがしがし振ります。どこからそんなパワーがと思わず見とれる風景。

で、くだんの編集者のオススメ通り「タマゴ入り肉ショーガヤキ(大)」(店内メニュー表記ママ)を頼みました。750円。
これが想像を超えてました。
なんと力強く、魂の根源を揺すぶるショーガヤキ!

皿一杯に広がったキャベツのみじん切りの上に、コーティングされてるかのごとくタマゴと絡み合った生姜焼きがどどんと乗っておるのです。そのでかさと迫力に気圧されつつひと口食べるとガツンと塩が舌に来る。「あぁ、これは昭和の労働者の味!」と目を閉じて味わいました。

生姜焼きって、そう、こういう荒っぽい食べ物だったよなぁ、最近のは上品すぎるよなぁ、と、なにかを思い出すような味なんです。あぁそういえばこういうのが欲しかったんだ。

瞬間的に「ビール欲しい!」と思ったけど、この店、ビールを置いてないんです。惜しいな、キリンラガーとか似合うのにな、と思ったけど、6席なんで仕方ないですね。

そうこうしているうちに、つなぎの兄ちゃんが揃って入ってきます。
ラーメンだギョーザだタマゴ入りレバーイタメだ肉入りモヤシソバだ肉入り中華丼だと頼み始めます。短い昼休みを邪魔してはいけないのでさっさか食べて外に出ました。

目の前にメニューがたくさん貼ってあるんですが、本当におばあちゃんひとりでこんなにたくさんの種類に対応できるの!というレベル。あぁ次は「タマゴ入りレバーイタメ」かなぁ。

営業時間は11時頃から20時頃まで。
夕方、腹減ったときとかに、飯かっこみに来たい良い店でした。

こういうタイプの街場の中華、あと数年でばたばたと消えちゃうでしょうね。
ボクたちはシアワセな時代を生きられましたね。

posted by さとなお at 22:52| 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする