2014年09月30日

さとなお:第一亭(横浜)

伊藤さん、すばらしい店の紹介、ありがとうございます。
四谷四丁目のあそこかー!
去年から四谷三丁目に週一回通っていて、最近この店をみつけ、なんだか気になっていました。そうかー。楽しみだなぁ。

では、麺つながりで、ふたたび野毛を書いてみます。横浜は野毛の中華料理店「第一亭」です。

ここ、地元では有名店。
普通の街場の中華料理店なのだけど、ここの餃子はクレイジーケンバンドのギタリスト小野瀬雅生さんの「生涯最多メシ」(自分の人生で一番食べているメニュー)だったりするし、あの「孤独のグルメ」のロケも行われていたりするし(それ以来激混み)、なにかと話題が多い店なのです。見た目はホント普通な店なんですけどね。

で、ここの裏メニューなのに誰でも知ってる有名料理が「パタン」です。
太めの冷たい麺にたっっっぷりニンニクが入った醤油ダレがかけてある不思議な麺料理で、見た目がシンプルすぎて「ファ?」って感じなんだけど(お皿に麺の塊、その上に薬味のネギのみ)、食べたらニンニクが効きすぎているのが逆に魅力になっていて、なんだか止まらない。特に〆にすると美味すぎる!

これ、もともとは賄いだったようで、いまでもメニューに載ってません。でもみんな頼みますw
中華包丁でパタンと倒してニンニクをつぶすから「パタン」という由来らしい。

ただ、この「パタンの〆」に辿り着くのが大変なくらい、メニューがたくさんあってどれもこれも美味しそうなのがこの店。

シンプルな餃子も、チート炒めも(チートとは豚の胃袋とのこと)、ホルモン炒めも、うまいです。

まぁでも、パタンはさすがにニンニク効きすぎていて、翌日にプレゼンなどがある方にはお勧めできないかもしれません。

野毛方面に行かれたら、翌日の予定表を確認しつつ、どうぞ。

posted by さとなお at 10:22| 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする