2014年08月31日

いとう:八幡浜ちゃんぽん 莢(四谷三丁目)

野毛、といえは、最近「にぎわい座」という落語の小屋に行きます。
そして、あの界隈で一杯飲んで帰るという流れ。実にいろいろな店がありますよね。どちらかというと、庶民派の居酒屋ばかりが目につくので、さとなおさんが紹介した「太田なわのれん」は知りませんでした。確かに昔ながらの歴史ありそうな店も点在しています。
と、そんな感じで野毛の店について続けようかなと思ったのですが、まだまだここで取り上げるほどぼくは詳しくはないので、地方の味の東京店、といいますか、最近なかなかいいなあと感じたちゃんぽんの店にしたいと思います。

佐藤さんは長崎に造詣が深くて、長崎の店もいくつか紹介されていますが、長崎ちゃんぽんではなく、愛媛県八幡浜市の八幡浜ちゃんぽん。
愛媛県の八幡浜という小さなエリアに50軒ものちゃんぽんを出す店が集まっているそうで、その密集度たるや相当なもの。もちろんぼくは八幡浜ちゃんぽんの実態も味も知りませんでしたが、ふと見つけて入った店で、初めておいたちや存在その味を知りました。近頃の麺といえは、濃くて塩辛くて、極端な香り(中には魚の腐ったような匂いのする行列店もあり)、特定の好みの店以外は敬遠気味。かつ、その現状を憂いていたんですが、四谷四丁目交差点に最近できた「八幡浜ちゃんぽん 莢」にてローカルちゃんぽんを味わい、ああ、この味なら食べ続けることかできると、ホッと安心したのです。

長崎ちゃんぽんのスープは、ペースがとんこつで白濁しています。誤解のないよう書きますが、長崎ちゃんぽんのスープ自体は昨今のラーメン行列店のように塩辛くもクサくもなくおいしくいただいてます。ただ、八幡浜ちゃんぽんは長崎以上にスッキリで透明。これだけでも好みなんだけど、毎回大量の野菜を丁寧に炒めそれにスープを絡めて仕上げるので、野菜の旨味・甘味が透明なスープと混ざり合い、よりいっそうのふくらみを醸し出しています。

麺は、長崎と違い腰のないやわらかいものですが、麺自体も地元から取り寄せているそう。実は、この店の近くで鉄板焼店を営む店主が八幡浜出身とのことで、満を持して地元のローカルちゃんぽんの店を出しました。

店舗は、天井が高くとてもスタイリッシュ。一見するとバーのようで、およそ麺の店とは思いにくく、美人の女性スタッフもいて少しどぎまぎしますが(笑)、野菜も大量に取れるので女性にもオススメです。なにより店主の故郷の味を伝えたいという想いにはおおいに拍手です。
posted by 伊藤章良 at 22:24| ラーメン・餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする