2012年09月30日

いとう:西成二代目にしかわや(大阪・梅田)

すみません。ぼくも遅くなりました。

先日も少しさとなおさんと話しましたが、さとなおさんの地方ネタは貴重ですね。いつか確実に行くことがあると信じつつ、そのとき迷わないように、たくさん紹介してください。

「鯨のすき焼き」も「カツオの酢〆」も、食べたことがないです。こういった鮮度がポイントな料理は、自ら出向かないとだめなことを実感します。

さて、ではぼくも東京以外の(といっても大阪ですが)居酒屋つながりで、「西成二代目にしかわや」を紹介します。
大阪の面々には、「いまさらなんや」と言われそうで辛いんですが、なにせ席さえ確保できれば、こんなに使い勝手のいい、しかも瞬時に大阪の庶民食文化を知ることができ、そして、JR大阪駅から徒歩圏内(アメリカ村や難波にも支店ができたようです)という便利さ。
というか、古今東西探しても、ここまで巨大ターミナル駅前で、朝9時から翌朝7時まで22時間ぶっ通しで営業していて、しかも休みなし。というのだから、こりゃ、地元だけではなく、旅行者も出張者も覚えていて本当にソンはありません。

かく言うぼくも、日曜昼間の中途半端な時間に店に迷い、思わず飛び込んだ、そんな経緯があります。

西成というのは、東京で言うところの山谷のようなエリア。生活保護を受けている人が一番多い地区との汚名もありますが、反面、安くてウマイ、大阪らしい食文化が生まれる土壌も持っています。

オーナーの西川氏は、多店舗展開にも積極的な、どちらかと言うとビジネスマンかとも拝察されますが、「西成二代目にしかわや」では、先々先代のレシピを忠実に今に再現しているところはサスガ。

まず「西成二代目にしかわや」で惹かれるのは、「大正ホルモン」。もちろんぼくの生まれは、昭和ではあるけどw、子供の頃は、祖母の家の回りにいくつもホルモン焼きの店があって、ものすごいイイ匂いがするんですね。で、入ってみたいと親や祖母にねだるものの、子供の行くところではありません、と言われ、断念した思い出がそのままよみがえってきます。濃くて辛い、まさに子供には食べられない究極の酒のつまみ。

続いてくわ焼き。元々、くわ焼きを食べようと思って探し始めたものの日曜昼に開いているところはなく断念しかかったら、実はここにも(四種類だけですが)ありました。くわ焼きとは串にさした具材を鉄板に載せ、上からコテのようなもので圧着させて焼く、関西独特の料理。東京には、過去には「たこ坊」や「くわ焼きダッセ」など何軒かあったものの、現在は、ぼくの知る限り一軒もありません。

そして、どて焼き。関西のどて焼きは、最近東京の店でも食べられる牛スジの味噌煮なんだけど、「西成二代目にしかわや」のどて焼きは、牛スジを串に刺して煮込み、上から味噌ダレをかける個性的なもの。

最後に、というか、元々この店は串カツ屋ゆえ、玉ネギ、紅生姜、レンコン、チューリップ等の定番をいくつか。メニューを見るとラーメンなどもあって、食べたいものはまだまだ際限なく見つかりそうですが、夜のことも考えてこのヘンで断念。

深夜営業をしていることから、仕事終わりの料理人も多く集まる店だそうで、それを取っても、決して味に手を抜かない姿勢は伝わります。ぼくが訪れた日も、たまたま隣りに座ったオジサンは板前だとか。ここの串カツは良質の油を使っているから美味しくて、胃もたれしないんだと解説。確かにその通りでした。
posted by 伊藤章良 at 17:37| 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする