2011年12月31日

さとなお:満腹(福島市)

2011年もようやく終わろうとしていますね。

大震災以降、なんか書く気が起こらず、そのままのペースをここにも持ち込んですいませんでした。来年はもう少し書けると思います。ようやく最近「おいしいものを食べ歩こう」という気持ちが蘇ってきました。少し震災に入り込みすぎていたのかもしれません(気持ち的に)

なんか「マノワ」がそういう店になってうれしいですね。
ああいう空間もそんなにないと思うので、再訪するのが楽しみです。再訪、というか、まったく別の店と思った方がいいのかもしれませんが。

さて今年最後の記事は、象徴的に福島県の店を取り上げたいと思います。

福島に頻繁に行くようになって知ったのだけど、福島市の名物って餃子なんですねぇ。
餃子といえば、宇都宮餃子とか博多一口餃子とか大阪餃子で、最近は浜松餃子もよく聞こえてきているけど(浜松は餃子消費量日本一)、福島県で福島市の人と話すと、「福島市の名物は円盤餃子です」と宣う。

円盤餃子 !?

で、さっそくその発祥の店、福島市の「満腹」に連れて行っていただきました。

震災で被害を受けたせいかのかどうかは聞きそびれましたが、ちょっと前に改装したとかで、同行者は改装前の「激しい趣き」をしきりと懐かしがっていました(かなりのボロで趣があったらしい)。いまは清潔で明るい普通の店になっています。暗い路地にポツリとある店だけど、19時をすぎるとどんどんお客さんが入ってきて賑わいます。

さっそく円盤餃子を注文。
1500円で30個入り。キレイに円盤状に並んだ餃子が白いお皿に乗って出て来ます。これ、丸いフライパンで焼くからなんでしょうね。見た目はとてもキレイですし、均等に焦げていて美味しそう…。

具は白菜メイン。にんにくは使わずあっさりしていて野菜の甘みがじゅわじゅわ来ますね。
で、皮が少し厚めで、フライパンで焼いたパリパリ感とその皮のモチモチ感がいい感じで同居している上に、その白菜のシャキシャキ感が加わって、なんとも言えぬおいしさに仕上がってます。

なんだかとてもうまい!

食べている間にすぐ「追加!」となりました。
男4人で30個×4とってちょうどいい感じですね。追加に漬け物(めっちゃ餃子と合う)もオススメです。昔はメニューは餃子のみだったらしいですが、今では数品増えてます。

ちなみににんにくは後付けです。生にんにくをお好みでタレに入れる感じ。女性にはうれしいですね。
女性ひとりで入った場合は1000円で20個のでもいいかもしれません。わりとペロリと行けてしまうので、少なく頼んで待つよりは(混んでくると焼き上がりにそこそこ時間がかかる)、多めに頼んで満腹感に苦しむのが「満腹」の流儀かもしれません。

ということで。
伊藤さん、そして今年も読んでくださった方々、2011年、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

来年はもう少し「食」の世界に戻ってこようと思っています。
posted by さとなお at 07:26| ラーメン・餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする