2011年10月24日

いとう:萬屋おかげさん(四ツ谷)

「ら京」、知りませんでした。というか一度聞いたら絶対忘れない名前てすね。らきょう、と読むんでしょうか。もしかして「楽京」だったとするなら、らっきょ?(笑。それにしても「楽しいミヤコ」という名前、いいなあ。

さとなおさんが冒頭に書いていた「おかげさん」。八戸の店だそうですが、東京は四ツ谷にも「萬屋おかげさん」という居酒屋があるので、またまた居酒屋繋がりで、今回はそこにしてみます。

といっても予約がなかなか取れない名店。というのもミシュランで★を獲得した唯一の居酒屋らしいです。札幌より呑兵衛の客人が来るとのことで、迎える店を色々と悩むものの、話題性十分というより酒の種類・料理の双方に極めて個性的な主張があり、全面禁煙なのもいい。店主の魅力からか女性客も多いんですが、その女性すべてが浴びるように酒を飲んでいる、そんなシーンも圧巻。ミシュランの評価は全く信憑性がありませんけど、「萬屋おかげさん」はとてもすばらしい居酒屋なんです。

古い雑居ビルの地下、門構えも決してキレイとはいえません。特にトイレは他店と共同で、できれば使いたくないレベル。それにしても、店内は清潔でキツキツながらも座り心地・居心地がよく、スタッフの皆さんは、全員気持ちのいい接客をします。

そして何よりの特徴は料理かな。

とかく塩辛いものを出して酒量を増やそうと画策する呑み屋が多い中、「萬屋おかげさん」は、酸や発酵系のテイストを使って、ピュアで混じりけのない清酒を誘引しようとする、その仕掛けが実にすばらしく、盲目的に乗っかりたくなります(笑。もっとも唸る点はお造り。ここのお造りはすべて一手間二手間かけてあり、わさび醤油で食べる、いわゆる生魚を切っただけのお刺身は一種類も出ないんです。

加えて、清酒の品揃えは完璧と表現しても過言ではありません。が、それだけではなく、メニューは冷酒用と癇酒用とに分かれていて、始めから冷たくして飲むか燗をすべきかが決められているのです。これは意外とあるようでナイ。というか、よほど清酒に対する見識が高くないと、そういった区分での提供には度胸がいると思うのです。燗も常温のものを湯煎につけた状態で提供されるので、ゆっくりと常温からぬる燗へと変化していく過程を楽しみながら味わえるのです。

そして、〆の炭水化物がニクイほど。
最高にシンプルな塩おにぎりなんですね。アツアツに炊けたご飯をひたすら心を込めておにぎりにする店主の動きを見ているだけでも、「ああ今日も来てよかった」と幸せな気持ちになって帰ることができるのです。

もう少し店が広くてゆったりしていたら・・・、と感じることも多々ありますが、客席のすべてに店主の目が行き届くスペースこそが「萬屋おかげさん」のハイクオリティを保ち続ける秘訣なんだろうな、と納得しています。
posted by 伊藤章良 at 17:14| 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

さとなお:ら京(大森)

あの台風の日、伊藤さんもおいしい店に避難してたんですね。考えることは同じですね。

ところで、居酒屋。
ふっと頭に浮かんだ八戸の「わがや」「おかげさん」を書こうともおもったけど(再訪したいなぁ)、東北の店が続いたので、東京の店を書いてみます。

大森の「ら京」
JR大森駅と京急の大森海岸駅の間で、大森海岸駅の方が近いかな。そんなにいい立地じゃないと思うのだけど、なかなかがんばっている居酒屋でした。

魚も野菜も「産地直走」と書いてある。で、そう書いてあるだけのクオリティがあります。
とにかく新鮮。新鮮が必ずしもいいとは思わないし、そういう売りの店もたくさんあるのだけど、この店は新鮮さで頭ひとつ抜け出ている印象でした。そして、特に魚は品揃えがユニークなのがいい。あまり食べたことがない魚がズラリと並んでいて楽しいのです。で、それを盛り合わせとか魚串とかで少しずつ食べられるのもなかなかよいかも。店員がとても親切なので、相談しながら選んだけど、どれも頼んでみたくて困りました。

同じく「産地直走」の野菜もよりどりみどり。
「野菜サラダ」はめっちゃ大きな皿に盛りつけてきて食べ応えあり。糸かぼちゃをそうめん風にして土佐酢で食べるものなど、あまり東京ではお目に掛かったことがないメニューもありました。

お酒の揃えもちゃんと考えてあるし、サワーや梅酒もバラエティ豊か。〆の丼ものやご飯物も充実しています。これだけ揃えて、ひとり4〜5000円もあれば満腹というのはお得感あり。

カウンター前の壁が屹立していて、それが多少圧迫感があるのが難だけど(壁と向かい合って食事している感じになり開放感がない)、まぁテーブル席も多いので大丈夫。

ちなみに、変わった店名ですが、もともと「楽京」だったのが、発音しにくいから「ら京」となったらしいです。

posted by さとなお at 06:46| 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

いとう:よよぎあん(代々木)

なんだか急に寒くなりましたね。
大切な「秋」が、今年も短いのかなあとさびしい限りです。

では、場所は東京ですが、同じ居酒屋繋がりで。
代々木の「よよぎあん」を紹介します。

少し前になりますが、東京に台風が直撃して帰宅難民になった日。
さとなおさんは「鮨太一」に行っておられようで、その時ぼくは新宿にいました。丸の内線のみ動いていたこともあり、銀座に突入しようかと心が動いたものの、丸の内線新宿駅の強烈な混雑ぶりを後目に退散。今、この界隈で、どこか行っておくべき店はあるかなあ・・・と逡巡して思い出したのが「よよぎあん」でした。

ここは、一階も二階も「代々木庵」で、蕎麦屋ととんかつ屋。そして地下に居酒屋と、それぞれ親族で営んでいるそうでよよぎあんビルといった風情。代々木には仕事で比較的よく行くのでこのビルの前を頻繁に通るのですが、気になりつつも、よよぎあんビル自体初訪問。

新宿から代々木までは一駅ながらあっという間。新宿駅周辺には大量の人がいてコリャ混んでるかなあと思いきや、「よよぎあん」はカウンターに数名のみと、逆影響を受けた様子でした。

店内は意外と広く、「タコぶつ」とか「冷奴」みたいなツマミが並ぶ大衆酒場風。テーブル席も座敷もあり、テレビ中継がBGM。昔ながらの代々木の雰囲気を残す最後の砦(笑)な感じ。

一方メニューを見ると、まず達筆なのがとても気持ちがいい。そして、ひと手間ひと工夫が冴える名前を見るにつけ、目が釘付けになりつつ、どれにしようかと泳いでしまいます。

まずはウマイと評判のポテトサラダ(日替わりだそうです)、そして煮こみ。いずれも酒を飲ませるために強く塩を効かせる風ではなく、味を重視したやさしい仕上がりです。

清酒は、数を絞ってはいるもののドストライクな品揃えでニンマリ。最近清酒を飲ませる系の居酒屋では定番となりつつある、利き酒用のぐい飲みに注ぐ半合売り。ハイピッチで空けてしまうぼくにはサービススタッフ泣かせかもしれませんが、その日は客が少ないこともあって、間髪を入れずの対応でした。

久しぶりの一人酒ゆえか酔いの回りが早く数分で相当いい気持ちに。慣れない一人酒だったので普段と違うことをしようと思って、〆にラーメンを注文。これは、今まで「よよぎあん」でいただいたツマミとは大きく異なって、強烈にこってり。ただ、市中のラーメン専門店には見られない、迷いや混合せのないストレートな魚介系のスープで、居酒屋としての主張を最後まで感じてきました。
posted by 伊藤章良 at 18:30| 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする