2011年07月27日

いとう:晴山(三田)

「御田町 桃の木」、中国料理とワイン、というと、ぼくも真っ先にこの店を思い出します。でも、そこまでオーストリアワインがあったとは、記憶に残っていませんでした。ウィーン滞在中も、ほとんどワインに親しむ時間がなく忸怩たる思いが続いたので、リベンジしてみようかなあ・・・。

さて今回は、「御田町 桃の木」と、目と鼻の先繋がり(笑)で、日本料理「晴山」を紹介します。「御田町 桃の木」とは三軒隣りぐらい、ビルだとまさにすぐ隣りの地下。ほぼ一か月前に「晴山」はオープンしました。板長は山本晴彦さんといって、それで「晴山」と名付けたそうです。

話は変わりますが、ぼくは以前、年に一度、岐阜市に出張していた時期がありました。体力的にもしんどくて割の悪い仕事だったんだけど、最初の日の夜に日本料理の名店「たか田八祥」へ訪れて以降、毎年そこに行くことが、この仕事を引き受けるモチベーションになりました(笑。

ただ「たか田八祥」は料亭ゆえ座敷の個室なので、出張終わりに一人でサクッと訪問するには少々緊張と退屈。いっぽう岐阜市内には、「こがね八祥」や「わかみや八祥」といった「たか田八祥」で修業を積んだ若い板長が営む割烹もあり、そこは大変威勢が良く一人でも快適に過ごせる空間。しかもアラカルトでウマイものをポンポンと出してもらえて短時間で勝負もつく。名古屋から最終間際の新幹線に飛び乗るときにも最適でした。

「晴山」の山本さんは、その「たか田八祥」で修業。その後、上記二軒の割烹にて店長も務めた後、もともとが関東の出身ということで東京にて店を出したとのこと。

「晴山」は、入口こそこぢんまりとして一瞬通り過ぎそうになるものの、店内は意外と広く、真ん中の厨房を隔てて左右にテーブル席とカウンターがあります(元々は寿司屋でした)。でもやはり特等席は板長の前でしょうか。さすがに活気ある割烹で店長も務めた実績からか、若いのに段取りもよく、包丁づかいも堂々としていて、客あしらいもうまいんです。

にもまして、久しぶりに西の日本料理を食べたなあ、との充実感。ぼくにとっての西の料理のカテゴリは、京都とは別次元の、滋賀や大阪や奈良や岐阜の料理だったりするんですが・・・。
絶妙なのに決して消え入らない主張のあるダシ加減、大胆な切り身のお造り、魚介のキモを使ったソース、そして「たか田八祥」の名物でもある「じゃがいものハリハリ」や「海苔茶漬け」も登場し、ニンマリの連続。でも、なんといっても圧巻なのは、郡上八幡の鮎。

日本各地に鮎の名産地はありますが、ピュアで香り高いことでも知られるこの地の鮎を、さすがに地元岐阜の名店出身ゆえか、キッチリと出してくれます。具体的に表現するなら、円筒形といっても大げさじゃないぐらいパンパンに身が詰まり、内臓はまったく濁りのないモスグリーン。食事中もパチパチと常に炭の弾ける音が響く細かい管理のもと、最高の火加減で登場します。もちろんタデ酢の必要はなく、頭からがりがりと食べられて背骨も十分に柔らかい。

会話のエッセンスとなる驚きの皿を交えながらも、鮎といった王道の食材はその極みまで追求する。オープン一ヶ月ながら、堂々たる風格です。

ただ、少し残念だったのが清酒の品ぞろえ。個人的な好みもあるんですが、繊細な料理の味付けの割に、香りや甘味の強い酒を置きすぎか、とも思いました。

そして、もう一つ気がかりなのは、オープン一ヶ月にしてすでに食べログの点がものすごく高いこと。食べログの点が高いというだけで、その店の実力とは関係なく全く予約が取れなくなってしまうことを、ぼくは密かに「バカール現象」と呼んでいますが(笑)、「晴山」は実力を蓄えているだけに、こうなって欲しくないなあと願うばかりです。
posted by 伊藤章良 at 00:27| 和食(小料理・割烹・郷土料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

さとなお:御田町 桃の木(三田)

プラハ、いいですね。
ピルゼンにあるピルスナー・ウルケルの工場地下で飲んだ昔ながらの造り方のビール、一生忘れられません。スワリングして香りを楽しんでビールを飲む、という経験は初めてでした。無理に勧めたカタチになったかもですがw、体験を共有できてうれしいです。

さて、プラハとかウィーンつながりで何かないかな、と考えたのですが、ちょうど先々週に中国料理の「御田町 桃の木」に行ったので、いまさらとは思いながら、ウィーンつながりでここを書いてみたいと思います。

ここがなぜウィーンつながりかというと、この店、ボクの中で「オーストリアワインと中国料理を合わせる店」なんですね。

たぶん、この店の初期にそういうイメージがついたのだと思います。あの頃はずいぶんオーストリアワインがあった。そしてオーストリアワインと中国料理を上手に合わせてくれた。

でも、いまはオーストリアワインに限らず、各国の自然派ワインを扱ってます。オーストリアワインを所望したらワインセラーの奥を探してましたから、どちらかというと主流ではなくなってしまったのかも(ちょっと寂しい)。オーストリアワイン、大好きなんです。

でも料理の味は相変わらずとても良かった。
前菜のピータンの揚げ物や、よだれ鶏も素晴らしかったし、アヒルの舌の炒め物も印象的だったし、ナスの揚げたのも実に良かったし、なによりも「鎮江黒酢の酢豚」がやっぱりうますぎます。大きな2粒。黒酢酢豚は最近ふえてますが、やっぱりここのが好きだなぁ。

〆にはハムユイチャーハンをいただき、大満足のディナーでした。
この店、5回か6回くらい来てますが、毎回裏切られないというか、やっぱり相当うまいですね。というか、前よりおいしくなっているかも。

たいてい満席なのでちょっと狭く感じるんだけど、ちょっとバタついたサービスも意外と好感もてるし、なにより料理がいいし、ワインの品揃えもいい。やっぱりいい店だなぁ、と思って帰りました。いまさらこんな有名店書くなよ、という気もするけど、ウィーンつながりで。
posted by さとなお at 23:21| 中国料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

いとう:PLACHUTTA(ウィーン)

ずいぶんサボってしまってすみません。
仕事でプラハとウィーンに行ってまして、6月はほとんど東京におりませんでした。

プラハに行く話をさとなおさんにしたら、「近代ビール発祥のブルワリーであるピルスナー・ウルケルで、出来立てのビールを飲むのはマストだよ」とアドバイスをもらったので、現地スタッフやホテルのコンシェルジュに行き方を尋ね、プラハから電車で片道2時間かけて訪問してきました。なにしろ遠いのでずっと躊躇していたんですが、さとなおさんのツイッターでの書き込みにも背中を押され・・・。

でも、ありがとう。さすがに貴重で希少な体験でした。ビールに対する見方も変わりました。
余談ですが、ブルワリーのレストランではピラフが名物と、さとなおさんがサイトに書いていたので、ピラフをくれとオーダーしましたが、うちにはない、の一点張りでした・・・。

さて、せっかく2都市にしばらく滞在したこともあり、その辺りの郷土料理を紹介してみたいと思います。まあ、プラハやウィーンに出かけて、おいしいレストランを見つけようというのもなかなかしんどいですが(泣。

実はウィーンには、世界のレストランベスト100にも入っている「Steirereck」という訪問必須店があるんですが、滞在中(というか滞在以前から)予約をトライするものの全く取れず。そこで、地元スタッフに聞きまくり、予約をしてもらって、ウィーン地元料理の人気店を訪ねました。「PLACHUTTA」です。

ウィーン伝統料理として一番有名なのは、日本のとんかつのルーツともいわれる「Wiener Schnitzel(仔牛肉のカツレツ)」ですが、もうひとつ、並び称せられるのが「Tafelspitz(ターフェルシュピッツ)」。簡単に言うと、牛肉のコンソメスープ煮ですが、あっさりとした味わいと、リンゴと西洋わさびをまぜたフレッシュなソースが特徴的。

そしてぼくが行った「PLACHUTTA」は、この店のウェブサイトによると「The World Famous Tafelspitz Restaurants」とのこと。行った当日は雨で土曜日。界隈はほとんど人通りがなかったにもかかわらず、この店の前には行列(といいますか、プラハ、ウィーン滞在中に、飲食店で行列ができていたのを初めて見ました)。幸いに予約ありですぐ席についたものの、店内でもカウンターで飲みながら順番を待っている人で満載の人気。そして客のほとんどが、「Tafelspitz」を食べています。

ま、この料理はウィーンではポピュラーで、比較的どこでも食べられるのですが、「PLACHUTTA」の特徴は、日本の焼肉店のように肉の部位が選べること。ちゃんと牛のイラストがメニューについていて、その絵を見ながら考えることができて楽しいです。

ただ日本の焼肉店と違うのは、ロースの部位が一番高く、日本でいうところの希少部位になればなるほど安価になっていく点。果たしてどちらが市場感覚として正しいのか、悩むところですが。
posted by 伊藤章良 at 18:24| その他欧州料理・洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする