2010年10月28日

いとう:上燗屋 富久(新宿)

さとなおさんが地方にある名店を取り上げると、次にどこを書こうかとしばし悩んでしまいます・・・。先日青森県黒石市にある「すごう食堂」で、ここが元祖といわれる「つゆやきそば」を食べたので、それを紹介しようかなあと思うも、三行ぐらいで終わりそうゆえ断念(笑。

そこで、地方の名店と肩を並べるべく、新宿三丁目にありながら、まったく東京都心とは思えないおでん屋「上燗屋 富久」を書いてみます。ここは、いわゆる末広亭エリアといいますか、新宿界隈でも一番飲食店の密集している場所。古くは「どん底」「ぼでごん亭」から最近のチェーン店まで新旧が入り混じって、共存しています。

「上燗屋 富久」は、もちろん古い側の最右翼。靖国通りに近い方にあるので、まわりはいくぶん静かですが、それでも眼前のビルは全て居酒屋か?といった風情です。

ただ、店内に入るとガラリと一転。くたびれた感じは全くないピカピカに磨きぬかれたカウンター。そこを年配の夫妻が二人で仕切ります。もちろんメインディッシュはおでんですが、刺身や焼き物、そして目の前に並んだ「おばんざい」系の料理にも、グッと惹かれます。

まずはそういった大皿料理からセレクト。いずれも控え目の味付けで、夫妻が西の人であろうことは、この辺から分かってきます。そして、おでん。おでんは極めて薄い色のダシに浮かんでいますが、食べてみるといずれもしっかりと味がしみこんでいて、仕込みの丁寧さに感動。そこに強烈に辛いカラシが添えられて提供されます。

そして清酒は「日本城」のみ。東京ではほとんど見かけることのない和歌山の酒。それをおでんと同じ湯煎でスズの特大徳利に入れて温めます。お燗番とおでんの担当はお父さん、それ以外の料理はお母さんという役割分担ですが、後半になるとお父さんが疲れてきて動きが少し遅くなるので、お母さんのヘルプがまた頼もしい(そのころにはサイドメニューを頼む人も減ってくるし)。

そんな理由からも、夫妻は和歌山県出身のよう。そういえば、くじらの料理もいくつかありました。

上燗とは、人肌よりすこし上の温度のことと言われ、おそらく「富久」ではずっとその温度で提供することをモットーとしておられたと拝察しますが、さすがに忙しくなってくると、燗の温度が注文の都度違うのは少し残念。それと、予約を入れたにもかかわらず席が確保されておらず、たまたま空いていたのでラッキーだったのですが、その後に来た予約のお客様には席がなく、「電話したんですが・・・」と何度も訴える女性客には少し気の毒でした。

お孫さんとか、若い衆で「上燗屋 富久」を手伝う人とか現れないかなあと、あの店のすばらしさを知る一人としてそんな期待もしてしまいます。
posted by 伊藤章良 at 23:18| 和食(鍋・おでんなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

さとなお:蔵(八戸)

毎回謝っている感じですが、更新できずすいません。
この2週間、本当に忙しくバタバタしてました。貴重な休みの土日も先々週は十勝、先週は八戸で講演。ちょいと疲れてしまいました。

それでも十勝や八戸は、講演の前後に遊べるのでリフレッシュはできました。
今日はその中から八戸の「蔵」を書いてみます。

八戸では「ばんや」をいろんな人に勧められたのですが、あいにくお休み。で、地元の方に南部民芸料理「蔵」という店に連れて行ってもらったのです。南部とは南部藩のことですね。

ビルの中にあるのに内部は完全に一軒家風。南部の民家を再現していて、2階は天井も低い屋根裏になっています。黒くて太い梁が縦横に走り雰囲気は抜群。囲炉裏も再現されています(炭火ではなくガス使用なのが残念ですが)。囲炉裏端にあぐらをかいての食事になります(腰が痛い方には辛いかも)。

料理は郷土料理ですね。
まず、八戸は八戸港がありますから、魚は抜群の質。特にイカ、サバは素晴らしい(沖前サバと呼ぶらしい)。関サバなどに比べると脂質が多いもので、口溶けが官能的。

刺身を盛り合わせてもらって、きんき(現地ではキンキンと呼ぶ)を焼いてもらって、独特の南蛮味噌をつまんで、ホヤ(残念ながら旬は過ぎてましたが、でも上質でした)を味わって、と、これだけでも十分満足な流れなところに、八戸名物せんべい汁、そして蕎麦かっけ。すばらしい。

せんべい汁は、B級グルメ選手権で一気に全国区になった食べ物だけど、まぁちょっと侮ってましたね。これには逆らえないうまさがある。八戸は米どころじゃないせいか、せんべいは米でなく小麦粉で作られます。つまり麺と同じ方向性。ダシが染みこんだもちもちのせんべいは、なんというか、ちょっと「ほうとう」に近い印象でした。うまひ。
蕎麦かっけは、蕎麦のかけら、という意味。蕎麦を薄くのばしたものを「そば切り」にせず、三角形に切って、汁の中に入れて供するもの(ネギや豆腐なんかも入ってます)。まぁそばがきを薄くしたものを想像してください。香りが強くなかなか美味。いいなぁ蕎麦かっけ。

地酒は八仙がおいしかったですね。接客も丁寧で親切。囲炉裏上の板木を鳴らして呼び出します。雰囲気もいいし郷土料理はひと通り揃っているし(いちご煮なんかももちろんある)、観光客も楽しいでしょう。

八戸は奥が深そうだけど、入門編的にとてもいい店だと思うです。
posted by さとなお at 06:49| 和食(小料理・割烹・郷土料理) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする